Pick up‼
Webライティング初心者の私が10社の記事案件を受注して理解した記事を早く書ける人の特徴。

Web初心者

・毎日ブログを更新したいんだけど記事を書く時間がどうしても長くなってしまう。

・なるべく効率よく速く記事を書けるようになりたいんですがなんかコツはありますか?楽はしたいけど品質も下げたくないから難しい。

 

 

こんな悩みを解決出来る記事を書きました。

Happy SEO

確かに毎日ブログを書きたいと思っているけど、書く時間が長くなってしまうとどうしても面倒になってしまいますよね。

楽してサクッと書けたら良いのになぁ~なんてつい考えてしまいますよね。

■楽して効率よくブログを書く時間を短縮したい

■でもGoogleからn評価を下げたくないので品質も大切

このようにブログを運営していく中でどうしたら記事を速く書けるようになるかなと悩んでいる人は非常に多いです。
毎日のように更新する記事作成を少しでも時間短縮出来たら嬉しいですよね。そんな悩みをこの記事で全て解決します。

この記事を読むと...

■どうして記事を速く書けないかが分かる

■ブログ記事を速く書く方法が分かる

 

せっかく頑張るならブログ記事を書く時間が遅くて更新本数が下がったりするよりは毎日サクッとたくさん更新して成果を出せるほうが絶対にいいですよね。
何度もこの記事に書いている内容を理解して記事を書く時間を短縮出来るようにしていきましょう。

ブログを書く時間が速くなることのメリットとは

ブログを書く時間が速くなることのメリットとは

 

 

毎日毎日何時間もかけてブログを書くのは結構しんどいなぁ~と困っていませんか?どうしたら書く時間をもっと短く出来るだろうか。って思いますよね。

 

 

 

私も最初は1記事あたり4~5時間かけて書いていました。それが今では大体1.5時間~2時間弱で書けるようになりました。

 

 

 

それもしっかりとSEOでも評価されるような高品質な記事をしっかりと書くことが出来ます。記事を書く時間を速く出来ると同じ時間をブログに割いても倍近くの記事を書けるので当然成果も全く違ってきます。

 

 

なぜブログを書く時間が長くなってしまうのか

なぜブログを書く時間が長くなってしまうのか

 

 

まずはそもそもなんでブログを書く時間が長くなってしまうのかをしないといけません。

 

 

ブログを書く時間が長い理由

■”そもそも”書くことに慣れていない

■書くネタ(内容)がしっかり決まっていない

■伝えたいことが明確ではない

■ライティング作業に集中していない

このあたりが初心者のかたには多く当てはまります。では1つずつもう少し具体的に解説をしていきます。

 

 

”そもそも”書くことに慣れていない

”そもそも”書くことに慣れていない

 

 

ブログを速く書くためのコツについてはこのあとに解説をしますがブログを始めたばかりの人に関してはそもそもライティング(厳密に言うとタイピング)に慣れていない場合があります。

 

 

その場合はコツを実践したとしてもどうしても一定の作業時間がかかってしまいます。でも初心者の頃は誰もがぶつかる問題なので気にせずコツコツと慣れていくしかありません。

 

 

書くネタが決まっていない

書くネタが決まっていない

 

 

次に多くの人が悩む問題としては「ネタ(内容)」が決まっていないです。これは結構あります。

 

 

なんとなく書きたい要素や伝えたいメッセージみたいなものは頭の中にあるのですが実際に書き始めてみるとうまくまとまらないなんて事が結構あると思います。

 

 

私自身も最初はこの悩みは結構困りました。どうしたら毎日書くネタに困らないようになるかな~とずっと悩んでいましたね。

 

 

伝えたいことが明確にない

上記と似ていますが少し違います。

 

 

■ネタがない→要素やメッセージなどは部分的にあるけどまとまっていない

■伝えたいことがない→誰のどんな悩みに対して書くかといったことも決まっていない

この差です。結構大きいと個人的には思っています。なんとなく日々の生活の中で「あ、これブログで書けるかも」みたいな発想がある前者に対してこの悩みはそもそも何を書いていいの?というレベルです。
ブログを書く目的は「誰かの悩みを解決する」ということなので、誰に対してどんなことを書いてあげたらいいのかな~って日頃から考えられるようにしないといけません。

 

 

ライティング作業に集中していない

ライティング作業に集中していない

 

 

ブログを書こうと思っていざ動いてもすぐにスマホやLINEを見たりしていませんか?もしくは別の会話などが気になり自分の思うように集中出来ない。

 

 

人間の集中力なんて大したことがないのでしっかりとブログを書くことに集中しないと高品質な内容の記事もそうですし、書く時間なんて速くなるわけないですよね。

 

 

自分の集中を妨げてしまっている要因が「内部」と「外部」のどちらにあるのかをまずは把握して、少しでも邪魔を受けずに集中できる環境を作れないかを考えてみましょう。

 

 

ブログを効率よく書くコツ

ブログを効率よく書くコツ

 

 

では、ここからブログを少しでも速く書くコツについて解説をしていきます。

 

先程も解説をしたように私自身も最初は1記事4~5時間くらい平気でかかっていました。それなのに記事の内容は今見ると恥ずかしくなるようなレベルでした。

 

 

①毎日少しずつネタを収集する

②記事構成を事前に考える(PCを前にして考えない)

③ターゲットを明確にする

④毎日書く

⑤楽しく書く

私はこの5つを意識してから格段に記事を書く時間が速くなりました。具体的なコツに関しては①~③のように見えますがこれが出来るようになると④が必然的に苦ではなくなります。
毎日サクッと記事を書けるようになり、少しずつ読者が増えてくると⑤が実感できるようになってきます。ここまでくればあとは毎日いくらでもブログを書けるようになります。
それでは1つずつ解説をしていきますね。

毎日ネタを収集する

ブログを書くには「テーマ」がないと決まりません。ブログを書くうえで認識しておかないといけないのは読者が求める情報を書かないと読まれないということです。

 

 

■マイナスの現状からゼロの状態に戻る

■いまよりもプラスの状態になる

読者が知りたいことは基本的にこの2つに分類されます。

■体重が○○キロ痩せる→太っている現状から平準に戻る

■今よりも5歳若く見られる→いまも普通だけど更にここから5歳若返ることが出来る

こんな感じで、あなたの書いたブログのテーマに沿ってどちらかになるという内容であれば基本的にニーズがあると思って大丈夫です。このテーマを見つめるためにはどんな対策が有効になるかを説明しますね。

■TwitterやInstagramなどのSNSを活用する

■Gunosyやスマートニュースなどのアプリを活用する

■Yahooニュース&知恵袋を活用する

■自分のブログジャンルで参考にしているメディアをブクマする

こんな感じで使うツールは何でも良いんです。大切なのは情報収集することを習慣化することです。そのうえで参考になる情報を見つけたらメモを残しておきましょう。
誰かのテーマと被ってしまってもいいんです。そこに自分のオリジナルの意見や経験などを加えれば十分なオリジナル記事が出来上がりますので意識してやってみてください。

テーマを早く決めてしまう

記事作成の時間がかかってしまう理由としてテーマが決まらないということが挙げられます。

 

 

私は最初書きはじめの時はテーマを決めるのに毎回多くの時間をかけてしまい、時間がかかってしまっていました。

 

 

このテーマならSEOで上位表示しやすいかどうか。この記事なら3000字以上かけるかな?と言った視点で色々と考えてしまうとどうしても納得のいくテーマを決めるまでに時間がかかっていたんです。

 

 

早くテーマを決めるために、今ではこんなサイトや情報を活用しています。

 

・検索エンジンの関連ワードを見る

・まとめサイトを見る

 

 

関連ワードでテーマを決める

テーマを決める際にGoogleを活用する

 

 

どういうことかというと検索エンジンでキーワードを調べたときにスペースの後ろに出てくる関連ワードをもとに読者の悩みを想定してそれに合ったテーマを選定するという方法です。その関連ワードを簡単に出したい方はこちらを活用してみてください。

関連後取得ツール

 

 

記事を作成する中で注意しないといけないのは、テーマを選んだはいいものの読者に全くニーズのない記事となってしまい誰からも読まれないということです。

 

 

ただこのやり方でテーマを決めれば少なくともGoogleで検索されている内容なのでニーズが無いということにはならないので本質的なテーマ選定が出来ます。

 

 

あくまでも大きな単体キーワードを入れないといけませんがそこから派生するキーワードを見ればテーマになりうる素材が沢山出てきますのでオススメです。

まとめサイトを活用する

これはあくまでもオプションのようなやり方ですが、テーマを決める際にどうしても何も思いつかなかった場合「まとめサイト」を見てみると様々なヒントが隠れていたりします。

 

 

「映画 おすすめ」などのキーワードで調べると「この冬に見たほうがいい洋画おすすめ○選!」といったようなまとめ記事が上位に上がっていたりします。

 

 

ここに載っている内容もやはり読者の需要が高いものが多いのでこれらを参考にしながら一部を引用してテーマに活用したりするのもオススメです。

記事構成を事前に考える

記事構成を事前に考える

 

 

これが最も重要です。これさえコツを掴んで出来てしまれば「速く記事を書く」ということについては90%以上習得出来たと思います。

 

 

私もそうでしたがブログを書こうと思ってPCを前にして考え始めても全くはかどらないですし、そもそも何も良いアイディアが浮かんできません。

 

 

記事を書く前に事前にどんな内容の記事を書くかの構成は考えておくようにしましょう。

 

記事構成 例 画像

 

 

これは私が記事構成時に使っているシートの断片です。このようにどんなキーワードでどのような順番で書いていくかをしっかりと事前に決めておくことで書く時間が圧倒的に速くなります。

 

 

本文内の効率的な書き方に関してはテンプレートをうまく活用しながら進めていくとスピードが上がります。ブログテンプレートに必要な要素はこれ。分かりやすい文章の書き方の基本!で詳しく解説をしています。

 

 

ターゲットを理解する

記事を書くのにターゲットを明確にする

 

記事を書くスピードをあげるのであれば「ターゲットを明確にする」ことが重要です

 

 

何の関係があるの?と思うかもしれませんが重要なんです。なぜかというと、ターゲットが明確になっていないと記事内に盛り込む内容が拡張されすぎてしまい何を主張したいのかイマイチ分からなくなってしまいます。

 

 

 

【ターゲットが不明瞭】
・「SEOに関して詳しい人なのか初心者なのかどこに対して届ける内容かわからなくなる」→両者に対して書くと、内容が薄くなりやすく離脱率等が高くなる。・初心者の個人事業主向けなのか企業の担当者かわからないのでシチュエーションが伝わりづらいのでいまいち自分事として考えにくくなってしまう。

【ターゲットが明瞭】
・「SEO初心者かつ企業内のWeb担当者で業務に困っている」
→このSEO初心者の方が社内業務を円滑に進めるために必要な情報提供だけを行えばいいので決まったテーマ内で伝えるべきコンテンツが明確になる

このように記事の中身を濃いものにするためにもターゲット設定が非常に重要になります。ターゲットの設定方法について知りたい方はSEO対策でオーガニック経由の流入数を増やすには?ターゲット属性に応じた対策が必須。で解説をしています。

リサーチに時間を書ける

記事を早く書きたいならリサーチに時間をかけよう

 

個人的には記事作成スピードを上げたい場合、もっとも重要なのは「リサーチ」です。

 

 

これを見ると記事を書く時間の前に結構な時間がかかるように見えますがその逆です。最初に多少の時間をかけてでもリサーチをするからこそ書くべき内容が順序立てて決まるので実際のライティング時間が圧倒的に早くなります。

 

 

リサーチを行わずすぐに執筆をするから、どんな内容をどのような順番でかけば良いのかが分からなくなってしまいます。その状態で書くと書きながらこの流れで本当にいいのかな?と考えて再度順番を考えたりという校正に時間を割いてしまいます。

 

 

なので最初にリサーチをして記事構成をカチッと決めればあとはそれに沿って書くだけなのでスラスラと書けます。私はこのリサーチ業務を少なくとも30分は行うようにして記事構成を決めます。

 

 

 

決まってしまえばライティング自体は1時間で3000字くらいはかけるでの結果として記事作成スピードは早くなるんです。

 

ブログを速く書く方法まとめ

ブログを速く書く方法まとめ

 

 

 

いかがでしたか?記事を早く書くために行うテクニックとしては記事を書く時間以外の準備で決まると言っても過言では有りません。

 

 

記事を早く書くために

■そもそもなんでブログを書く時間が長いかを把握する

■日頃から情報収集をする

■ターゲットを明確にする

■記事構成を事前に考える

最初は少し不慣れな部分もあるかもしれませんが慣れてきたら記事作成時間は大幅に短縮出来ます。自分の型に合ったやり方を早く見つけて中身のしっかりとして記事を効率よく早く書けるようにしていってください!

読んでいただき、ありがとうございました。
もし今回の記事を気に入っていただければ、ランキングのクリックや記事の購読・下の方にSNSのフォローをお願いいたします。
励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

おすすめの記事