Pick up‼
SEO初心者が一発でSEOの基礎を理解できるようにわかりやすくまとめた基本の”キ”がこちら。

Web初心者

・ブログをやっているとSEO、SEOってよく聞くけど一体なんなの?

・なんとなくは理解しているけど基本的な事を知りたい!

こんな悩みを解決出来る記事を書きました!

Happy SEO
確かにブログをやっているだけだとSEOについて基本を学べることは少ないよね。今更基礎中の基礎を聞いて良いのかも恥ずかしくて分からないし...
このようにSEOという言葉やなんとなく意味はわかっているけど基本をしっかりと理解したいと思っている人も多いです。現にブログで成功するにはSEOスキルは欠かせないものになります。
そんなSEOの基本について知りたい方はこの記事に書いてある内容され読んで頂ければSEOに関する基礎的な内容は全て理解できます。
私自身、SEOコンサルタントとして様々なお客様に対してSEOについて説明し続けて来ているので色々なレベル感の人に対してわかりやすく伝えられることができます。

この記事を読むと...

・SEOとは?の基礎がしっかりと理解出来る

・SEO対策を行う上でのGoogleに対する理解が出来る

・どんな観点でSEO対策をしなければいけないかが分かる

SEOの基礎を知りたいアナタの悩みはこの記事を読むことで軽減出来ます。わかりやすく解説していきますが理解出来るまで何度も読み返して自分の言葉で”SEO”について理解出来るようにしていきましょう!

SEO初心者が一発でSEOの基礎を理解できるようにわかりやすくまとめた基本の”キ”がこちら。

SEO初心者が一発でSEOの基礎を理解できるようにわかりやすくまとめた基本の”キ”がこちら。

 

 

SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)のことを意味しています。

 

 

うーん、そりゃ知っているけどもこれについてどんな事を理解しておけばいいのかがわからないんだ!といった声が飛んできそうですね。

 

 

 

まず、なぜ検索エンジンに対して対策する必要があるのかということから噛み砕いて理解していきましょう!

 

 

日本の検索エンジンの90%以上を占めているのがGoogle。

日本の検索エンジンの90%以上を占めているのがGoogle。

 

 

・Google:2000年~日本語の検索サービスを開始。

・Yahoo:2001年~日本語の検索サービスを開始し2004年には独自の検索サービスを展開したが2010年には終了しGoogleの検索サービスを導入。

・Bing:2005年~検索サービスを開始(別サービス名)、2009年~Bingと呼ばれる検索サービスを提供

他にも海外を見ると中国で”Bai du 百度”という検索サービスがありますが日本の検索サービスにおいては上記の3つになります。そのうち7~8%のシェアをBingが占めていますがそれ以外はGoogleとYahooになります。
そしてYahooはGoogleの検索サービスを用いているので実質Googleの検索サービスが90%以上を占めているというのはこのためです。まずは大前提これを理解しておきましょう。

Googleのビジネスモデルを理解しておこう

Googleのビジネスモデルは”広告ビジネス”になります。

 

 

検索エンジンを始めとして、グーグルマップや翻訳機能など様々な拡張機能を開発しており、それらを基本的には無償でユーザーに提供しています。

 

 

Googleのプラットフォームを使うユーザーが圧倒的に多いので、ウェブサイト内に様々な広告枠を設けており、そこに広告を出稿したい企業から広告掲載費を貰って収益をあげています。

 

 

 

この収益モデルに従って私達もサイト運営をしながら収益をあげる仕組みを構築したりしています。

 

 

Googleの経営理念についてもSEO対策において重要

Googleの経営理念についてもSEO対策において重要

 

 

完璧な検索エンジンとは、ユーザーの検索意図を正確に判断し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである。

Google ラリー・ペイジの言葉

ユーザーに焦点を絞れば、他のものは後から皆ついてくる

Googleの掲げる10の事実
このようにGoogleは検索エンジンを使って何かを調べるユーザーに対して適切なコンテンツを届けてあげることだけを追求しています。
この経営理念を念頭においてSEO対策を行わないといけません。一昔前は小手先のテクニックでなんとかなっていたものもありますがGoogleの検索エンジンが年々精度があがっているのでユーザーファーストなコンテンツでないと上位表示は難しくなっています。

SEOとはGoogleのルールに従ってユーザーの満足度をあげること

SEOとはGoogleのルールに従ってユーザーの満足度をあげること

 

 

SEO対策とはつまり、Googleの経営理念の中でどれだけユーザーの為になるコンテンツをアナタが作れるかどうかということになります。

 

 

 

検索サービスを通じて様々な悩みを持っているユーザーに対して解決してあげられるようなコンテンツを届けてあげることで結果的にアナタのサイトも収益をあげれるということになります。

 

 

 

Googleは、ユーザーの利便性を第一に考えて、完璧な検索サービスを目指しているんです。

 

 

検索エンジン上の仕組みを理解しよう

検索エンジン上の仕組みを理解しよう

 

 

Googleの仕組みを理解しておかないとSEO対策を完全に行うことは出来ません。上の図が大まかな流れになっているので構造的に理解出来るようにしましょう。

 

 

 

①クローラー

②インデクサ

③インデックス

④アルゴリズム

⑤サイト表示

Googleの仕組み:クローラー

 

クローラーとはGoogleのロボットのことです。このクローラーがネット上のサイトを回遊して情報を収集しています。

 

 

クローラーが見て、分かりやすいサイト構造にしておくことはSEO対策において非常に重要になります。

 

 

Googleの仕組み:インデクサ

 

クローラーがサイト上の情報を収集した後に一度整理することをインデクサと言います。

 

 

インプットした情報を保存しておくことで後からユーザーが調べたキーワードに対して適切な情報を届けられるようにしておくためです。

 

 

Googleの仕組み:インデックス

Googleの仕組み:インデックス

 

 

インデックスとは、”棚”ということを意味しています。②のインデクサで保存した情報をジャンルや内容ごとに整理するんです。

 

 

こうしてクローラーが回遊して取ってきた情報は様々なジャンルごとにGoogleが順位付けしていつでも引き出して提供できるようにしているんです。

 

 

Googleの仕組み:アルゴリズム

インデックスされた情報をもとにGoogleは独自のルールでランキング付けをしています。その独自ルールのことを”アルゴリズム””と言います。

 

 

 

このアルゴリズムは200種類以上あると言われており、それらが満たされているコンテンツが上位表示されやすいということです。

 

 

 

こうしてアルゴリズムで高評価を受けたコンテンツがサイトの上位に表示されユーザーに届くというのがGoogleの検索エンジンの仕組みになります。覚えておきましょう。

 

 

 

上位表示されるとクリック率が高くなる

上位表示されるとクリック率が高くなる

 

 

Googleの検索エンジンの仕組みは理解出来たと思います。Googleにコンテンツを評価してもらいアナタのサイトが上位表示されるとクリック率も大きく上がるのでより多くのユーザーにサイトを見てもらえます。

 

 

 

SEOにおけるクリック率

1位:20%

2位:12%

3位:8%

4位:6%

5位:4%

10位:1.5%

つまり毎月10,000回検索されているキーワードでアナタのサイトが上位表示出来た場合、1位なら2000ユーザーに見てもらえる事に対して10位だとわずか150ユーザーにしか見てもらえません。
ただ10位で見られるならまだ良いほうです。多くのコンテンツは11位以上です。そうなるとほとんどのコンテンツはせっかく作ったのにユーザーに見てもらえないまま終わってしまいます。
SEO対策を行い、上位表示するという事がどれだけ効果があるかが分かると思います。クリックされやすいブログタイトルの付け方を伝授。SEOを意識しすぎは注意!
SEO対策に関してもやるべき事は沢山ありますが初心者の方でも必ずやったほうがいい対策をまとめましたのでこちらの記事も合わせて読むことをオススメします。

SEOに関するまとめ

SEOに関するまとめ

 

 

いかがでしたか?SEOに関して初心者向けに基本を解説させて頂きました。改めて説明を聞くと当たり前のことも多かったかもしれませんが大切なのはこれらを構造的に理解し自分の言葉で解説できるようになることです。

 

 

 

なんとなく覚えているのと、しっかりと覚えておくことで今後アナタがSEOやブログを学び収益化を目指していくのであれば大きく結果は変わってきます。

 

 

 

ここで解説しているSEO基礎についてしっかりと理解しておくようにしましょう。

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。
もし今回の記事を気に入っていただければ、ランキングのクリックや記事の購読・下の方にSNSのフォローをお願いいたします。
励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

おすすめの記事