Pick up‼
60%の人が分かってない?セッション、PV、ページ別訪問数の違いを初心者向けに3分で解説。

Web初心者
  • SEO用語で使われる、「セッション」と「ページ別訪問数」とは何でしょうか?ページビューとは違うんですか?

 

  • そもそもこの2つの違いってなんでしょうか?

 

 

こんな悩みを解決出来る記事を書きました!

 

 

Happy SEO

確かにいきなり説明しろと言われても自信がないよね。良い覚え方があったらいいんだけどね...

そもそもセッション数やページ別訪問数を増やすことが目的だからね。

このように”セッション”と”ページビュー”の違いについて悩んでいる人は非常に多いです。更に”ページ別訪問数”まで入ると混乱してしまいますよね。
そんなアナタの悩みはこの記事を呼んで頂ければ全て解決出来ます!”セッション数”や”ページ別訪問数”の意味やそれに対するアナリティクスの見方から増やし方まで全て解説します。
初心者の方だけでなく、多くの方がこれらの数値や言葉の意味をしっかり理解していない方は非常に多いです。逆にこれから解説することさえ理解してもらえればWebサイトの”セッション”や”ページ別訪問数”そして、”ページビュー”を増やすことが出来ます。

この記事を読むと...

  • 「セッション」、「ページ別訪問数」、「ページビュー」の違いが分かるようになる。
  • サイト運営を行う中でアナリティクスの見方や増やし方が分かる

 

セッション数とは?

20%のWeb担当者が間違っている。PVとセッションの違いを分かりやすく解説!

     

     

    セッション数とは、アナタのWebサイトを見てくれる訪問者数のことです。色々な流入経路から様々なユーザーがサイトに来てくれますがその訪問者数のことをセッション数と言います。

     

     

     

    セッション数と訪問者数はサイトやブログによって違いはあるの?といった疑問をもつ方もいると思うので解説するとここに関して違いはありません。セッション数=訪問者数です。

     

     

     

    アナリティクスを見る際にも、セッションと書かれていると思いますがここを見て頂ければいまアナタのサイトへはどれくらいの数の訪問者数が来ているのかが分かります。

     

     

    Google Analytics上では、30分以上一度の訪問後にアクション(具体的な行動)がない場合はそこでセッションのカウントが切れると定義されています。

     

       

      PV(ページビュー)とは?計算方法についても解説

      ページビューとは?

       

       

      PV(ページビュー)数とは、1回のセッションの中でアナタのサイト内の記事がどれだけ閲覧されたかということを指しています。

       

       

      例えば、あなたがサッカーの情報を知りたくてサイトを訪問したとします。そこで日本代表の情報を知りたくてAページを閲覧しました。そのページを読み進めているうちに、海外サッカーに関する面白そうな記事のリンクが貼られていたのでクリックして見たとします。

       

       

      いまの一連の流れであなたは2つのページを確認しました。これでPV数は2になります。1回のセッションで2つのページビューとなりますのでこのように計算をしましょう。

       

       

       

      「PV数」と「セッション数」の違いを明確に理解しておくだけで、そのサイトが目指すべき目的(指標)のズレを無くし正確な運用を行うことが出来ます。

       

       

      アナリティクスでのセッション数やPV数の見方

      アナリティクス セッション数 見方の画像

      ※支援している顧客のデータなので隠しております。

       

      アナリティクスでセッション数やPV数をみるならこの画面が一番見やすいと思います。「オーディエンス」→「概要」の順でクリックしましょう。

       

       

       

      右上にある”期間”を選ぶ際には、「月」であったり「日付指定」で1ヶ月単位での数値を見るようにしましょう。見方についても解説すると、真ん中にあるセッション数に対してその2つ右にあるのがPV数になります。

       

       

       

      左下を見るとページ/セッションが「1.78」になっていると思います。これがこのサイトだと1度のセッションで1.78記事を閲覧しているというデータになります。

       

       

      セッション数とページ別訪問数の違いについて

      セッション数とページ別訪問数の違いについて

       

      セッションとは、サイトの訪問者数を指していると伝えました。ただアナリティクスを見ていると”ページ別訪問数”というものも出てきます。これについても解説をします。

       

       

      ページ別訪問数に関する画像

       

       

      ページ別訪問数とは、「ユニークページビュー」と言います。どういう意味かというと、アナタが指定したページに対してどれくらいのセッションがあったかを見る際に使う数値です。

       

       

       

      アナリティクスに出てきているセッション数は、同じユーザーがアナタの特定のページに訪れても特定の時間内の訪問であれば1セッションになります。

       

       

       

      これに対してページ別訪問数とは、特定のページを設定しておくことで同じユーザーであってもページが3回表示されればページ別訪問数は「3」になります。これがセッション数との違いになります。

       

       

      セッション数もPV数も増やすためにはクリック数を増やさないといけない

      セッション数もPV数も増やすためにはクリック数を増やさないといけない

       

       

      PV数やセッション数を増やすにはアナタの記事をクリックしてもらわないといけません。

       

       

      クリックしてもらうために最も効果的な方法は”魅力的なタイトル”を付けられることになります。

       

       

      Web上の記事でセッション数やPV数を稼ぎたいのであれば読者に対してタイトルだけで読みたくなるような仕掛けをしないといけません。

       

       

      魅力的なタイトルの付け方に関しては別の記事で解説をしているのでそちらを参考にしてみてください。

       

       

       

       

      私自身、このタイトルの重要性を理解してから意識して改善したことによってセッション数もPV数も劇的に増やすことができました。

       

       

       

      セッションを確認する際の注意点

      もう一度整理すると、一度のサイト訪問者を表す「セッション」は30分以上行動がない場合はタイムアウトになり、その後再び行動した場合は新たなセッションとなります。

       

       

      つまり同じ人間が短期間(30分以内)で2回同じサイトを訪問しても1セッションとなります。

       

       

      一部例外があるとすれば、「日付が切り替わる」場合です。

       

       

      例えば、23:50に訪問して、次の日の0:02分に同一ユーザーが行動した場合、新たなセッションとなるようです。つまり、そのユーザーはそれぞれ1セッションずつカウントされますので注意しましょう。

       

       

      参考にこちらも見てみてください。アナリティクス 日本語版公式ブログの「Google アナリティクスのセッションの定義変更について」で以下のように記載されています。

      PVとセッションの違いがしっかりと分かり使いこなせるようになって初めてスタート!!

      PVとセッションの違いがしっかりと分かり使いこなせるようになって初めてスタート!!

       

      運営しているサイトがどんなことを実現したいか。それに対してどのような課題があるか。

       

       

       

      それらを解決するためにはどのような対策を行えばいいかをしっかりとあなた自身が明確に理解しておかなければいけません。

       

       

       

      アナタが広告でマネタイズを上げていくために一生懸命PV数を伸ばしていくことを訴求していくことを考えた時に、上司からは「セッション数」を増やしたいとリクエストを受けたらどうしますか?

       

       

       

      「なぜセッション数を伸ばしたいのでしょうか?」というクエスチョンが出来ますか?

       

       

       

      サイトの目的を叶えてあげるために上司の思いや課題感を聞くことは確かに重要ですが、聞きっぱなしでそれを鵜呑みにすることもこれまたよくありません。

       

       

       

      サイトを運営していく際に、まずは全体の訪問者を多く増やしていき情報の認知を行っていきたい場合はセッション数を増やしていくために何を行えばいいかを考えてあげましょう。訪問者を増やす中で、セッション数だけを見ていては、同じ読者が違う時間帯で何度も来ているだけかもしれません。

       

       

      セッション、PV、ページ別訪問数まとめ

      PVとセッションの違い まとめ

       

      いかがでしたか?なんとなく使い分けていたPV数とセッション数の違いは理解出来ましたでしょうか?合わせてページ別訪問数のことも解説しました。

       

       

      30分以上動かないユーザーを除き、一度のサイト訪問者を表しているのは「セッション数」と言います。

       

       

      一度のサイト訪問で見られているページ数をPV数と数と言います。この違いをまずは自分の言葉で明確に伝えていけるように噛み砕いて理解を深めていきましょう。特定のページを指定したページ別訪問数に関しても注力したいページやセッション数があるなら必ず設定するようにしましょう。

       

       

       

       

       

      読んでいただき、ありがとうございました。
      もし今回の記事を気に入っていただければ、ランキングのクリックや記事の購読・下の方にSNSのフォローをお願いいたします。
      励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

      おすすめの記事