Pick up‼
【実体験】サイト運営においてUUが重要なわけとは。セッションとの違いやアナリティクスの見方も解説。

Web初心者

・アナリティクスでユニークユーザー数(UU)は、わかりますか?

・そもそもUUとセッションとの違いについても怪しいです...

こんな悩みを解決出来る記事を書きました!

Happy SEO

私も最初はなんとなくしか意味は分かっていなかった...UUとかセッションとか何気なく使っていたが、しっかりと自分の言葉で説明出来るようにしたいよね

アナリティクスを使ってしっかりとUUなどの数値も見れると更にサイト運営が楽しくなるしね。

このようにUUやセッション、PVとなんとなくの意味は理解しているが、明確に違いを意識せずサイトを運営している人も多いです。
この記事を読んで頂くことで、サイト運営で重要なUUやセッションの違いについて完璧に理解することが出来ます。また、アナリティクスを使った分析や数値の見方についても理解できる内容になっています。
私自身が支援している企業サイトでも一番増やしたい数値はこれから解説するUUになることが多いです。これを理解することでアナタのサイトでも具体的戦略を考えられるようになるので日々のサイト運営が楽しくなると思います。
この記事を何度も読み返して、サイト運営において重要な数値について理解を深め、アナリティクスを活用した分析を楽しみながら出来るようになっていきましょう。それでは解説していきます。

【実体験】サイト運営においてUUが重要なわけとは。セッションとの違いやアナリティクスの見方も解説。

【実体験】サイト運営においてUUが重要なわけとは。セッションとの違いやアナリティクスの見方も解説。

 

 

毎日ブログを運営していると作業に集中していまどんなユーザーが来ているかなどの詳細な情報を分析することを辞めてしまっていたりしませんか?

 

 

 

確かに毎日作業を進めていくことは非常に大切ですが、サイト運営に置いては色々な数値の現状を分析して捉え、改善策をうっていくことも重要です。

 

 

 

この記事ではサイト運営を行う上でよく出てくるUU、セッション、そしてPVの違いについてしっかりと違いを説明していきます。そしてその数値を分析するためのアナリティクスの見方についても解説をしていきます。

UU(ユニークユーザー)とは

UU(ユニークユーザー)とは

 

 

UUとはユニークユーザーのことで、サイト内に訪れた”人数”を指しています。一定の期間でサイトに訪問したユーザー数を表しています。

 

 

期間内なら同じウェブサイトに同じユーザーが何度も訪問した場合でも、1UUとしてカウントされます。

 

 

セッションとは?

セッションとは?

 

 

セッションとは、一定の期間内にサイトに訪れた方を表す数値です。もう少し厳密にいつと、サイト内に流入してから離脱するまでの一連のフローを指します。

 

 

一定の期間内とは、サイトに一度訪れてから30分間になります。その間何のアクションもない場合、そこで1セッションが切れることになります

 

 

UUとセッションの違いについて

UUとセッションの違いについて

 

 

一定の期間内にサイトに訪れた人という意味でいくと、UU(ユニークユーザー)も変わらないのでは?という疑問を持った方も多いいと思います。

 

 

違いは分かってしまうとシンプルです。あなたが30分間の間にAというサイトに10分おきに3回訪問したとします。この場合、あなたというユーザーは1なのでUU数は1になります。

 

 

一方で、30分間という期間内に3回の訪問をしたのでセッション数は3になります。

 

 

 

あなたが5、10回の訪問(セッション)したとしてもUU数は1なのでこの数値を増やすことは難しいですがその他の数値に与えるインパクトも大きいです。

 

PV(ページビュー)とは?UUとの違いについて

PV(ページビュー)とは?UUとの違いについて

 

 

一方で、PVとはページビューのことを指しています。1度のサイト訪問内でどれだけのページを閲覧したかということを指しています。

 

 

ユーザーがとある情報収集でAというページを見たとします。その中でもう少し興味が出てきたのでBというページも見たとします。そうするとPV数は2になります

 

 

 

つまり1人のユーザーがサイト内に訪れて、そのサイト内でいくつのページを遷移しているかということを表しています。

 

 

UUとPVの違いはこれで理解できたと思います。

 

 

ページ別訪問数とは?

ページ別訪問数とは?

 

 

ページ別訪問数とは、ユニークページビューとも呼びます。上記で説明したセッションについては1回の訪問で1セッションとなります。一方でページ別訪問数とは特定のページをアナリティクスで指定することでその記事が表示されるたびに訪問数を計測することが出来ます。

 

 

サイト運営をするうえではこの違いについても理解しておくと非常に有効なので違いについて覚えておきましょう。

 

 

UU(ユニークユーザー)をアナリティクスで分析する

UU アナリティクス 画像

 

 

UU、セッション、PVについての違いは理解できました。ここからはアナリティクスを使ってUU(ユニークユーザー)を見ていくやり方を解説します。

 

 

特段難しい操作はなく、どの画面で数値を分析するかと言うことですが、私が普段見ている使いやすい画面で解説していきます。

 

 

アナリティクス セッション数 見方の画像

 

 

これはアナリティクスの「オーディエンス」→「概要」の順で進めていくと見られる画面です。この赤枠で囲っている部分の左上にあるのがUU(ユニークユーザー)です。

 

 

 

ここの数値はアナタのサイトに訪問してくれている訪問者数の実数値なので日々どれくらい増えているかを計測しましょう。毎月一ヶ月単位の期間でどのような推移で増えていくかを計測できるといいです。

 

 

 

この数値を増やしていくためには、SEO対策が非常に重要になります。それについては別の記事で解説をしているのでこちらの記事を読んで頂ければSEO対策についての理解を深められると思います。

 

 

 

 

新規ユーザーとリピーターの割合を把握する

新規かリピーターか分析する

 

 

UUには「新規訪問者」と「リピート訪問者」の2種類に分けられます。これも上の画面で確認することが出来ます。

 

 

右側にある円グラフの青色の部分が「新規ユーザー」で緑色が「リピーター」になります。

 

 

どちらが多いほうが良いというのはあまりなく(厳密に言うとジャンルによってある)、それぞれのユーザー数を増やすための対策が異なるといくことです。

 

 

当然サイトを大きくしていく上では新規ユーザーを確保しないといけませんが、1度サイトに来てくれた人に再度来てもらえるような記事を書くことも重要になってきます。

 

サービスや商品を提供したいならUUに拘りましょう。

サービスや商品を提供したいならUUに拘りましょう。

 

UUとは先程も書いたとおり、人を指しているので多く増やせれば増やしたほうがサイトへ訪れている人は増えます。

 

 

当然多くのユーザーにサイトを見てもらったほうがサイト内でPRしたい商品やサービスへ行き着く可能性が高くなります。

 

 

 

このようにサイトの目的が商品の購入などになるのであればUUを伸ばすことを重点的に考えましょう。

 

広告収益などのマネタイズを狙うならPVが重要!

色々なサイトを見ていると、サイト内の色々な所に広告が貼ってありますよね。

 

 

あれはページに表示されることで媒体を持っている運営者に収益が入るものもあれば、その広告をクリックすると収益になるものやクリックしてその広告経由で何らかの商品を購入した時に報酬が入る仕組みなどがあります。

 

 

 

これらはいずれもますはサイトに訪れる人が増え、ページの閲覧回数が増えないと収益も増えません。なので、メディアの収益モデルが広告なのであればPVを増やすことに注力しましょう。

 

UU、セッション、PVの違いとアナリティクスの見方に関するまとめ

UU、セッション、PVの違いとアナリティクスの見方に関するまとめ

 

 

いかがでしたか?このようにサイト運営上3つの指標をしっかりと理解し運営していくことは非常に重要だということが言えます。

 

 

 

それぞれの指標がもたらす意味を把握しあなたのサイトの「目的」をしっかりと改めて明確にしていきましょう。

 

 

 

アナリティクスを活用して分析を行うといまサイトがどのような現状かしっかりと確認することが出来ます。サイトを伸ばしたいのであれば必ず必要なスキルになるので何度も読み返して必ず覚えるようにしましょう。

 

 

 

もう少し基礎的な用語もしっかりと学びたいという方は超基礎的な用語についてまとまた記事がありますので見てください!

 

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。
もし今回の記事を気に入っていただければ、ランキングのクリックや記事の購読・下の方にSNSのフォローをお願いいたします。
励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

おすすめの記事