Pick up‼
個人で簡単に出来るSEO対策で企業サイトに勝てる方法を解説。他の仕事にも繋がります。

Web初心者

・ブログを始めるのに個人で出来るSEO対策ってどんなものがありますか?

・SEOを意識する中で企業サイトにしっかりと勝つ方法なんてあるんだろうか。やる前から厳しいと分かっているなら考えないとだし。

 

 

こんな疑問を解決出来る記事を書きました!

Happy SEO

個人でも出来るSEO対策はいくつかあるよ。でもいまのGoogle評価はコンテンツの”質”が重要なんだ。やり方さえ理解すれば企業サイトにもしっかりと勝てるんだよ!

 

このようにSEOを個人で対策していくのに何をしたらいいかと悩んでいる人は多いです。そして、SEOではもう企業サイトに狙ったキーワードで勝てないと思っている人もいますがそれは違います

この記事を読んで欲しい人

・個人で簡単に出来るSEO対策について知りたい初心者の方

・個人ブログでしっかりと企業サイトにも勝てる方法を知りたい人

 

 

 

この記事を読むと...

■誰でも簡単に真似できる個人のSEO対策を理解できる

■個人ブログでもSEOを意識して企業サイトにも勝てる方法が分かる

これからSEO対策を個人で出来る能力は必須です。前半部分では個人で出来るSEO対策と企業サイトに勝つ方法を解説し、後半では個人でSEOのスキルを身につけるとどうなるかを説明します。
この記事をご覧になっているという方はこれからSEO対策を個人でしつつブログで上位を狙って収益を生んでいきたいという方が多いと思うのでぜひしっかりと内容を理解して実践で活かしてみてください。

個人で簡単に出来るSEO対策。企業サイトに勝てる方法も合わせて解説

個人で簡単に出来るSEO対策。企業サイトに勝てる方法も合わせて解説

 

  1. ・ブログを始めるのに初心者でも簡単に出来るSEO対策を知りたい

    ・SEOを意識して個人で企業サイトに勝てる方法を知りたい

 

 

このように副業ブームの中でブログを今から始めたいと思っているもののSEO対策についてどうしていいかわからないという人は多いはずです。

 

 

 

ただ、現在のSEO対策というのは小手先のテクニックではなくどれだけいい情報をユーザーに届けられるかということが重要です。

 

 

なんでぶっちゃけそんなに細かく詳しいSEO対策は必要なかったリもします。

 

 

ワードプレスを活用すれば最初からある程度SEOを意識した構造にもなっているのでなおさら大丈夫です。記事内ではSEOでどのように企業サイトに勝てるのかを解説しつつ、SEOを活用した働き方についても触れているのでご覧ください。

 

 

 

2020年のSEOはコンテンツの専門性が重要です

Googleの現在の評価基準を理解する。大切なのはコンテンツの質です

 

 

これまで(2018年半ばくらいまで)のSEO対策は結構テクニックを駆使すれば上位表示しやすかったのですがいまはそれだけだと難しいです。

 

 

SEO対策で最も重要なことは「コンテンツの質」です。いまに始まったことではないですが読者の悩みを解決出来るコンテンツを作成することが上位表示の一番の近道です。

 

 

”E-A-T”とも呼ばれていてコンテンツの評価はこれからもっと重要になってくるでしょう。初心者ブロガーがやるべきSEO対策とは?Googleの評価基準を知ると難易度が下がるで解説をしているのでご覧ください。

 

 

上位表示するSEOコンテンツを作るならツールは必須(無料)

上位表示するSEOコンテンツを作るならツールは必須(無料)

 

 

個人でSEOを意識しつつ質の高いコンテンツを作成するのは結構難しいと思われがちですがいまは無料でも素晴らしいツールが結構あるので駆使していきましょう。

 

 

最初からバンバン質の高いコンテンツを作れる人なんていないですし、”習うより慣れろ”ではないですがまずはやり方を覚えてSEOを意識したコンテンツを作れるようになりましょう。

 

 

■キーワードプランナー

■KARABINER

■関連語抽出ツール

■ラッコさん

この辺は全て無料で使える素晴らしいツールです。ブログ×ツイッターで短期間のうちに集客と成果を伸ばしたい人にオススメのツール5選で使い方を解説しているので先に見て勉強することをオススメします。

一定量がないといくら良いコンテンツであっても評価されない

一定量がないといくら良いコンテンツであっても評価されない

 

 

①10,000文字の質の高いコンテンツ1記事

②1,000文字の質のまぁまぁなコンテンツ10記事

これだと②のほうが個人でSEO対策をするなら必要だったりします。上記で感じてほしいことは「質は量からしか生まれない」とい
うことです。
まずはたくさんの記事を書いてみながら徐々にSEO観点も加味された質の高いコンテンツが作成出来るようになります。

 

 

 

Google自体も1つのページがどれだけ良質でもサイト全体で関連性が高く、情報量が多くないと評価してくれないのでまずは量に拘りましょう。

 

 

企業サイトに勝つには狙うキーワードの上位サイトの傾向をみる

企業サイトに勝つには狙うキーワードの上位サイトの傾向をみる

 

 

ここが結構ポイントです。先程も解説した現在のGoogle評価基準からすると昔よりも企業サイトが上位表示を占める割合は多くなってきています。

 

 

専門性が高いコンテンツを求めているユーザーに対して個人ブログよりも企業サイトの方が質も高く、信頼性もあるという理由からです。

 

 

■Googleはキーワード毎に上位表示するページ(企業サイトと個人)の割合を決めている

■個人の割合が高いキーワードを狙う

このようにまだまだ上位表示しているページがほとんど個人サイトのものもあります。そこを狙っていきましょう。
上記で解説をしたツールを使ったキーワードの選定をしたあとに実際に検索してみて個人サイトが結構上位にいたらそのワードはチャンスです。記事を書いていきましょう。

個人でやるSEO内部対策は基本的な内容でOKです

個人でやるSEO内部対策は基本的な内容でOKです

 

 

現在のSEO対策はコンテンツの質が一番重要と解説しました。内部SEO対策については個人で出来ることはないのか?と思う方もいると思うので下記の記事をみてください。

 

 

出来ることはあるので実践しつつ、最低限の状態さえ作れればあとはひたすらコンテンツを作成していくことに注力しましょう。

 

 

 

 

SEOは個人の能力に左右されるビジネス

SEOは個人に左右される

 

SEOとは狙ったキーワードで上位をとる集客手法です。様々なサイト毎に対策が異なるので運用に正解はありません。

 

 

つまり経験やノウハウがあればあるほど結果を出してくれやすくなります。このスキルを持っているとブログ運営だけでなく様々な形で仕事が出来るようになります。

 

 

企業で働く会社員よりも経験豊富なフリーランスに任せたほうが結果が出るならわざわざ企業に頼む必要がないんです。

 

 

 

 

これからはどんどんフリーランスに任せる時代

SEOはフリーランスに任せる

 

大手企業を中心に様々なWebマーケティング業務をフリーランスに任せる動きが強くなっています。

 

 

例えばサイトの制作をフリーランスの方に頼んだり、スポットでSEOのコンサルティングを実施したりと流動性の高いフリーランスを使っています。

 

 

大手だから企業対企業といった硬い話は既に一昔前のことです。

 

 

能力が高く、短期間で成果を出すことの出来る個人のSEOコンサルタントはこれから益々活躍出来るでしょう!

 

 

個人事業主のSEOフリーランスの働き方について

SEOフリーランスの働き方

 

SEOを使ったフリーランスの働き方に関して解説していきます。

 

 

働き方には、いくつかのパターンがあるのでそれぞれの詳細とメリット・デメリットを説明しますね。

 

 

業務委託契約

 

 

業務委託とは、自社で対応できない業務を、他の企業や個人といった外部に委託する契約です。仕事を任せる側と引き受ける側は雇用関係を結ばず、対等な立場で依頼を受けます。

業務委託と他の契約形態との違いは、指揮命令権の発生や成果物の完成責任の有無です。

 

 

一定期間SEOに関する業務を社内で出来ない場合に外注のフリーランスに対応をしてもらうことで成立する業務形態です。

 

 

プロジェクトの内容などにもよりますが、毎日企業に常駐するものもあれば週に3日だけ出社する形態もあります。

 

 

例えば、新規サイトのオープンや事業の立ち上げに際してWebの集客を図りたいとなった場合に期間を限定してフリーランスに依頼する事が多いです。このような働き方や雇用形態で進むプロジェクトは多くなるでしょう。

 

リモートワーク

リモートワーク

 

リモートワークとは会社に行かずに自宅や好きな場所で働ける制度のことです。

 

 

全ての業務がPC一台で完結するのでわざわざ会社に行かずにやるべき業務をこなすだけの雇用形態です。

 

 

プロジェクトに参画する中でわざわざ不慣れな会社に行って業務をして気疲れするよりもやるべき仕事内容に責任をもって自分のリズムでこなすことが出来るので生産性が高くなります。

 

 

既に正社員向けにリモートワークを取り入れいている会社も多いので、フリーランスが企業のコンサルタントなどで参画する時は基本的にはリモートワークになるでしょう。

 

 

どの立ち位置でフリーランスとして仕事を行うか

どのポジションになれるのか

 

企業のプロジェクトをフリーランスとして参画するときに重要なのがどのポジションで働くかということです。

 

 

フリーランス 商流

 

このようにフリーランスといっても介在出来るポジションにはいくつかあります。

 

 

実際に顧客と契約を交わし、どれくらいの予算でどんな内容で進めていくかを決める人もフリーランス①ですが、実際にその内容の指示を聞いて手を動かす人もフリーランス③④だったりします。

 

 

何が伝えたいかというと、同じSEOが出来るフリーランスでも商流が上の立場であればあるほど実労働が少ないですが経験を頼りにされるので収入が大きくなったりします。

 

SEOの個人事業主やフリーランスの仕事の内容

SEOフリーランスの仕事の内容

 

それではSEOを活用したフリーランスの人がどのような内容の仕事をしているのか解説していきます。

 

 

これも様々な働き方があると思いますが、代表的なものを3つご紹介します。

 

 

SEOコンサルタント

SEOコンサルタント 仕事

 

1番代表的かつ花形の仕事です。サイトの運用責任者としてどうしたら上位表示が出来て成果に繋がるかを考えます。

 

 

・サイトに関連するキーワードの分析&設計

・競合や市場分析をして具体的な対策を行う

これといった正解がない中で、自分の経験とノウハウを活かして実施していきます。
過去の実績なども当然必要にはなりますが、このポジションで複数の企業やサイトの担当を出来るようなるとそれだけで毎月の生活をしていくことが出来ます。

SEOアナリスト

アナリストの仕事

 

 

アナリストとはコンサルタントの分析業務を手伝ったりする仕事です。

 

 

いわば助手のようなポジションでコンサルタントのような経験を活かしてゼロから全てを実施することは出来ないですが、どんな観点でどんな分析を行えばいいのか分かるレベルのスキルを持ち合わせていれば出来るでしょう。

 

 

このアナリスト業務であれば企業のSEOプロジェクトなどもリモートでこなせるようになれば非常に時間に自在性をもって他の仕事と組み合わせて稼いでいくことが出来ます。

 

 

SEO記事の編集アシスタント

SEO編集アシスタント

 

最後に編集アシスタントです。SEOとはGoogleに評価してもらいサイトを上位に持っていく手法です。

 

 

そのGoogleが現在はサイト内に沢山のWebコンテンツ(記事)を保有している方が評価してくれます。

 

 

このコンテンツで検索するユーザーの悩みを解決するコンテンツを書いてあげることが求められます。その際にコンテンツ1つ1つをサイト運営者が作成するとなると手間なのでアシスタントが企画の構成をします。

 

 

この構成をもとにWebライターに執筆依頼を流します。この時に編集アシスタントがSEOに詳しくないとどのような記事を作ったほうがいいか明確でなくなるので非常に重要な役割です。

 

 

編集アシスタントもプロジェクトごとに参画することが多く、基本的にはリモートなので記事の構成を考えたりするのが好きでSEOに詳しい人にはうってつけの仕事です。

 

 

まとめ

SEO フリーランス まとめ

 

 

いかがでしたか?初心者の方が個人で出来るSEO対策について解説しつつ企業サイトにも勝てる方法について触れました。

 

 

・SEOフリーランスの業務形態について

・なるべく高いポジションで仕事をする重要性

・SEOフリーランスの仕事内容

についても解説しました。SEOとは本当に個人の担当者に依存しがちなビジネスです。大手企業を中心にこれからどんどん個人事業主やフリーランスが活躍できる場が広がるでしょう。
個人でSEOだけで50万、100万以上稼ぐ人がどんどん出てくると思います。それまでにSEOスキルをもっと学んで準備をしておきましょう!

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。
もし今回の記事を気に入っていただければ、ランキングのクリックや記事の購読・下の方にSNSのフォローをお願いいたします。
励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

おすすめの記事