Pick up‼
1記事1キーワード!SEO対策は狙ったキーワードの競合分析も含めてようやく対策です。

Web初心者

・SEO対策をする上で1記事あたりのキーワードはいくつにしたらいいの?

 

・狙いたいキーワードでの競合分析もやったほうがいいと聞きましたがどうしたらいいんですか?

こんな悩みを解決出来る記事を書きました。

Happy SEO

確かにSEO対策を意識したキーワード対策ってどれくらいの数のキーワードを入れればいいのか分からないよね。

競合分析もなぜやるのか、どのようにやるのかが詳しく書いてあればいいんだけど...なんて思ったりするよね。

このようにSEO対策においてキーワードは1記事あたりどれくらい入れればいいのかよく分かんないといった悩みをもつ方は非常に多いです。また競合分析についてもやり方が分からずに実施していない人が大半です。
そんなアナタの悩みはこの記事を読むことで全て解決されます。この記事ではキーワード数に焦点をあてたキーワード対策と競合分析の仕方について細かく解説しています。
私自身、日々多くの企業サイトを支援してきた中でこれから解説する方法を実施してからはキーワードを選んだ後に盛り込む内容を的確に出来たので狙ったキーワードで上位表示しやすくなりました!

 

あなたのSEO対策をおこなう上でのキーワード数に関する悩みはこの記事を読むことで限りなく軽減さえるはずです。競合分析も行い、競合が獲得出来てない(狙っていない)キーワードで上位表示を実現できるはずです。

 

1記事1キーワード!SEO対策は狙ったキーワードの競合分析も含めてようやく対策です。

1記事1キーワード!SEO対策は狙ったキーワードの競合分析も含めてようやく対策です。

 

 

SEO対策を始めるにあたってキーワード数って1記事にどれくらい入れたらいいの?調べているとたくさん入れたほうがいいと書いてあるものもあるし、少なく絞ったほうがいいと書いてある情報もあるから余計わからなくなってしまいますよね。

 

 

 

結論、対策数は1記事1キーワードで大丈夫です。SEO対策をするということは検索されたキーワードに対して、自社のページが上位にくることが運営側の目的ですよね。

 

 

 

この目的を果たすためにどのような観点で対策したらいいかということについて詳しく解説をしていきます。

 

 

 

SEO対策で競合分析が重要な理由とは?

SEO対策で競合分析が重要な理由とは?

 

 

自分のサイトが狙ったキーワードで上位表示すればいいのに競合分析がそれとどんな関係があるんですか?と疑問に思っている方もいますよね。

 

 

競合分析って言っても実際どんな手順でやればいいのかわかりません!という人も多いはずです。このようにSEO対策を実施する上で競合分析と一言でいっても悩みは多くあります。

 

 

 

まずはこの悩みについてこれら2点を理解していきましょう。

 

 

・SEO対策のキーワードで競合に勝つための手順

・競合に勝つためのSEOチェックポイント

 

 

キーワードで上位表示をとる重要性

キーワードで上位表示をとる重要性

 

 

SEO対策を行うことで狙ったキーワードで上位表示が出来ることの重要性として顧客接触回数が挙げられます。

 

 

 

顧客接触回数のことをWebマーケティングにおいてはインプレッションと言います。上位表示を実現し、狙ったキーワードを調べたユーザーに対してアナタのサイトをどれだけ表示させられるかが重要になります。

 

 

・1位のサイトのクリック率→約20%

・10位のサイトのクリック率→1%

そして上位表示されて多くの顧客にアナタのサイトが露出されてもそのあとクリックしてサイト内に入ってくるのかはまた別の話になります。
このように1位をとれてようやく2割のユーザーが流入してくれますが10位になると1%くらいになってしまいます。更に下の順位になってしまうと尚更流入は無くなります。
このような点からも上位表示をまずは取らないことには何も始まらないのです。

キーワード分析の重要性

キーワード分析の重要性

 

 

次にキーワードを闇雲に狙うのではなくしっかりと分析を行う重要性について解説をしていきます。

 

 

キーワード分析 難易度 画像

 

 

これは「SEO キーワード」の関連語を全てキーワードプランナーで出した際の結果画面です。キーワード分析を行う際に気をつけるべきは2点です。

 

 

 

・狙うべきキーワードの月間検索回数はどれくらいか

・競合優位性はどうなっているか

ここで提示している全てのキーワードが月間検索回数は「10~100回」となっていますが、競合性は「高/中/低」と分かれています。このようにキーワードによって検索回数は同じでも競合性が高いキーワードはすぐに上位表示が難しいです。
まずは狙うべきキーワードを分析してから競合性が低いワードを狙うようにしましょう。

SEO対策で競合分析の重要性

SEO対策で競合分析の重要性

 

 

SEO対策で競合分析を行う際には2つのツールを使いましょう。

 

 

競合分析で使うツール

Similar Webを使った競合分析

具体的な作業手順について解説をしていきます。まずは狙いたいキーワードが決まったらそのワードで既に上位表示されている競合サイトをSimilarWebで分析します。
Similar Web使い方 画像
サイトを開くとこのような画面があるのでこのコマンドに調べたい競合サイトのURLを入れましょう。

 

 

 

Similar Web 使い方 画像

 

 

 

そうするとこのようにどのような”チャネル”から流入が取れているのかが分かります。ここでこの図のように「検索」で取れているサイトはSEO対策を結構頑張っているのでこのようなサイトがあまり無いキーワードなら上位表示の可能性が高まります。

 

 

 

チャネルに関しては別の記事で解説をしているのでそちらを参考にしてみてください。

 

 

見出し抽出ツールでhタグを分析

ツールの使い方 画像

 

 

使い方は簡単です。先程選定したキーワードをここに入れて「抽出」を押すだけです。そうすると上位表示されている競合サイトのページが出てきます。

 

 

ここで確認してほしいことは2つです。

 

 

・競合サイトのページ文字数

・競合サイトの見出し構成はどのようになっているのか

いま上位表示を取れているということはその記事内容をGoogleから評価してもらっているという事です。つまりその内容や文字数を真似することでアナタのサイトもGoogleから評価を受ける可能性が高まります。

SEO対策が1記事1キーワードでいい理由

SEO対策が1記事1キーワードでいい理由

 

 

では一方でGoogleからするとキーワードを検索するユーザーの悩みを解決することが最大の目的なのでそれに準ずる事がSEO対策における根本的な考え方になります。

 

 

 

3つのキーワードに対して課題を解決してあげるページを作ろうとすると1つずつの悩みに対してしっかりと解決してあげている3つのページがそれぞれのキーワードごとに評価されます。

 

 

 

よって、SEO対策をする上でキーワードは1つで良いということが言えます。

 

 

 

誤解をしてほしくないのですが、あくまでもGoogleの為に3つではなく1つにするのではなく、1つのキーワードに絞ってユーザーさんの悩みをしっかりと解決することを考えてほしいです。

 

 

 

Googleもユーザーに焦点を絞れば後はどうにでもついてくる!と推奨しているくらいなのでまずはそこにだけ意識を注力するべきでしょう。

SEOキーワード数は1つでいいが悩みは網羅的に解決する。

SEOキーワード数は1つでいいが悩みは網羅的に解決する。

 

 

1つでいいのに網羅的にってどういうこと?疑問を持つかもしれませんが、これもSEO対策には必ず必要な考え方です。

 

 

例えば、「SEO ツール」というキーワードで対策をしたいとします。

 

 

 

上記で説明したキーワード数が1つでいいと言ったのはこの「SEO ツール」が当てはまります。では、このキーワードを調べた人はどのような検索意図がありこのキーワードを入れるのでしょうか。

 

 

実際に検索画面に入れてみました。

SEO ツールで調べた 画像

 

 

このようにツールというワードの後ろに、「キーワード」や「有料」といったワードが並んでいるのがわかるかと思います。

 

 

  • 「SEO ツール キーワード」→SEOのキーワードを見つけられるツールを知りたい。
  • 「SEO ツール 有料」→SEO対策が出来る有料ツールってどれくらいの費用なんだろう。

 

 

といった検索意図があるのではないかということが分かります。

 

 

もう少し派生して考えるとSEOのツールを使いたい人はなぜツールを使いたいのだろうか?という悩みの真意に対しても解決してあげることが重要です。

 

 

  • ツールで順位計測をしたい。
  • ツールでアクセス解析をしたい
  • ツールでSEO分析をしたい

 

 

などが考えられますよね。

 

 

このように対策するべきキーワードは1つでいいのですが、
その一つの中で想定されるユーザーの悩みは全て1つのページ内で解決してあげることが必要になります。

キーワードを入れる場所は?タイトル・タグ・本文

キーワードを入れる場所は?タイトル・タグ・本文

 

 

1つのキーワードに対して注力することは分かったと思いますので次はそのキーワードをページ内のどこに設置したらいいかをご説明していきます。

 

 

 

結論、「タイトル」「タグ」「本文」の3箇所が当てはまります。

 

対策キーワードをタイトルに入れる

対策キーワードをタイトルに入れる

 

 

SEO ツールというキーワードの対策を行うのであればタイトルにはこの「SEO ツール」という文言をなるべくこの配列で早めに入れましょう。

 

 

 

そして、タイトルは32文字以内が推奨です。なぜかというと、検索した時に表示される文章で見える範囲のギリギリが32文字になるからです。ただこれはパソコンの話でスマホに関しては40文字くらいまでは見れるのでそこも理解をしておきましょう。

 

 

 

クローラもページの裏側のHTMLのコードを見て判断するので、少なくともタイトルに「SEO 対策」という言葉が無いことにはそのキーワードを検索するユーザーに対して課題解決してくれるページではないんだなと認識してしまいます。

 

hタグにもキーワードを入れるようにしましょう

タイトルの次に重要になるのが見出しです。

 

 

これが「hタグ」になります。Hタグにはh1~h6までありますが、これの数字が早いほど重要になります。特に入れたほうが良いのはh2、h3になります。

 

 

h2、h3タグに対してもキーワードを入れた方はがいいのですが、この場合意識するポイントは2点です。

 

 

 

  1. hタグに「SEO ツール」のキーワードをしっかり入れる
  2. SEO キーワードと調べた時に出てくる関連ワードを入れる。
    先程の例でいうと「無料」や「キーワード」がこれにあたります。

 

 

 

このように種となるキーワード以外にも実際に関連性の高いワードも見出しにあることでページ全体での網羅性を評価され上位表示しやすくなります。

本文に入れるキーワードとはどのようなもの?

タイトルと見出しになるタグはなんとなくわかるけど本文に入れるってどういうこと?

 

 

そう思うかもしれませんが、これについても解説します。

 

 

結論から言うと、不自然にならない範囲で「SEO ツール」という言葉は合ったほうがいいのですが

 

 

網羅する=ユーザーの悩みのパターンを本文内で解決してあげることを意識しましょう。

meta descriptionの対策はどうするの?

色々な情報をみていると、meta descriptionも対策したほうがいい!といった情報も見ますが、コレに関してはあくまでも「やりたければ対策したほうがいい」というのが回答になります。

 

 

SEO対策の上位表示する要因においては大きく関係ないです。

 

 

なので拘りがあれば実施したほうがいいですがそうでないのであれば特段意識して対応する必要はないと思います。

SEOキーワード数と競合分析に関してのまとめ

SEOキーワード数と競合分析に関してのまとめ

 

 

いかがでしたか?SEO対策を行う上でのキーワード対策の重要性と競合分析について解説をしました。

 

 

 

キーワードをただ単純に選んで対策をするのではなく、しっかりと分析を行った上で上位表示を狙えばSEO対策は誰にでも実行出来ます。

 

 

 

何度もこの記事に書いてある内容を読んで頂き、時間はかかるかもしれませんが明確にSEO対策を意識してキーワードを選定出来るようにしましょう。

 

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。
もし今回の記事を気に入っていただければ、ランキングのクリックや記事の購読・下の方にSNSのフォローをお願いいたします。
励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

おすすめの記事