Pick up‼
多すぎ意味なし。重要なのは網羅性。SEO対策における最適なブログの文字数はどれくらい?

Web初心者

・SEO対策をするならブログの1記事はどれくらいの文字数を書けばいいんですか?

 

・上位表示したいなら文字数は多いほうがいいっていうけどホント?最適な文字数はどれくらいなんですか?

 

 

 

こんな悩みを解決出来る記事を書きました!

 

 

 

Happy SEO

私も最初は文字数は多ければ多いほうがいいと思って、とりあえず長く書くことを意識していたよ...

 

書き続けていると文字数が記事を書く目標になってしまい内容が重複してしまったり薄くなってしまう...

 

 

 

このようにSEO対策を行ううえでブログの文字数ばかりを意識しすぎて内容を考えることに苦戦したり悩んでいる人は非常に多いです。

 

 

 

そんなアナタの悩みはこの記事を読むことで全て解決されます。SEO対策においてブログの文字数は多くても意味が無いです。重要な要素は”網羅性”なんです!

 

 

 

私自身もこれから解説する”網羅性”に関して意識するようになってからは、文字数を意識することなくブログをかけるようになりました。文字数よりも網羅性を優先して記事を書いたら上位表示できるようになったんです。

 

 

 

この記事を読むと...

・SEO対策で重要なブログの”網羅性”に関して理解できる

・ブログの最適な文字数が分かる

 

 

 

あなたのSEOを意識したブログの文字数に関する悩みもこの記事を読むことで限りなく軽減されるはずです。

 

 

 

何度もこの記事を読むことでブログを書く際の”網羅性”を意識出来るようになることで、文字数だけやたら多い中身の薄い記事を書くこともなくなるはずです。

 

    多すぎ意味なし。重要なのは網羅性。SEO対策における最適なブログの文字数はどれくらい?

    多すぎ意味なし。重要なのは網羅性。SEO対策における最適なブログの文字数はどれくらい?

       

      ・ブログでは最低1000文字以上書いたほうがいい

      ・上位表示するには文字数は多いほうがグーグルから評価される

      SEO対策をおこなう上で様々な情報が流れています。そしてどれを信じていいかわからずなんとなく沢山の文字数がある記事を量産している状態という方は多いと思います。

       

       

       

      私自身もSEOにまだ詳しくない時は、単純に文字数が多いページが上位に上がるもんだと思っていました。でも上位にあがるためには文字数だけ全てでは無いんです。

       

       

       

      最適なブログ構成を行えば文字数だけを意識しすぎる事もなくなります。文字数がいかにブログに関係ないかということと網羅性を意識したブログ構成について解説をしていきます。

       

       

       

      ブログの文字数が多いことはSEO対策と関係ない

      ブログの文字数が多いことはSEO対策にならない

       

       

      SEOの歴史でいうと、一昔前は文字数は上位表示に大きく関係していました。以前は情報量=文字量が多いことが評価されていました。

       

       

      Googleの経営理念は全く変わっておらず今も昔も「ユーザーが検索エンジンで調べた悩みに関して最適なコンテンツを届ける」ことを追求しています。

       

       

       

      その中で検索エンジンの精度が昔は少し整っておらずキーワードに対して文字数の多いページを情報量の多い最適なページとして評価することが多かったんです。

       

       

       

      なので大して有益な情報でもなく闇雲に数千~1万文字以上の文字数だけが羅列しているコンテンツが上位を占めてしまっている状態でした。

       

       

       

      これでは自社の信念である「ユーザーファースト」ではないということから徐々にアルゴリズムが進化し、現在では単純に文字数が多ければ評価するといった状態ではなくなりました。

       

       

       

      現時点で重要な事はユーザーの為になっているかどうかです。

       

       

       

      ユーザーの為になる「ユーザーファースト」なコンテンツを作ろうとすると、自然と情報量は充実することになるのでその点でいうと文字数は必要だと言うことになります。

      SEOで重要なのは文字数ではなく網羅性

      SEOで重要なのは文字数ではなく網羅性

       

       

       

      網羅性ってなに?と思う方もいるかもしれないのでこれについて解説していきます。簡単に言ってしまえばユーザーの検索意図をどれだけ満たすことが出来ているかということです。

       

       

       

      検索意図 網羅性 画像

       

       

       

      例えば、「副業」とGoogleで検索するとこのような関連ワードが出てきます。

       

       

      • 「副業 ランクング」
      • 「副業 おすすめ」
      • 「副業 確定申告」
      • 「副業 税金」

       

       

       

      例えば「副業ランキング」を知りたい人と「副業 おすすめ」を知りたい人は、副業を始めるにあたり比較的簡単でやりやすい副業は何なんだろうと思って調べていることが分かります。確定申告と税金についても同じです。

       

       

      網羅性のあるブログの書き方 画像

       

       

       

      では今度は「副業 おすすめ」というワードをキーワードとしてブログを書いていこうと思います。キーワードを入れて検索すると更にその関連ワードとしてこれらのワードが出てきます。

       

       

       

      簡単に言ってしまうと、このワードは「副業 おすすめ」というキーワードを調べる人たちの検索意図になるので全てを解決してあげることでページとしての評価があがります。

       

       

      1.おすすめの在宅副業とは~です。

      2.主婦にオススメの副業は~です。

      3.サラリーマンにおすすめの副業は~です。

      4.副業をしたいなら参考になる本は~です。

       

       

       

      といった形でそれぞれの関連ワードに対する答えを全て書いてあげることです。

       

       

      これらについて有益な情報を書いていたら自然と情報量が増えますよね。なので、現在におけるSEO対策においても文字数は一定量大切になるのはこのような意味からです。

       

       

      ブログの文字数はどれくらいが最適なの?

      ブログの文字数はどれくらいが最適なの?

       

       

      企業サイトを運営している方やブロガーさんから下記のような質問や相談を多く受けます。

       

       

      ・1,000文字以上書かないといけないって聞いたんですが本当?

      ・アドセンス申請のためには1記事どれくらいの文字数が必要?

      ・文字数ではなく画像って重要?

      1記事1,000文字以上は嘘

      1記事1,000文字以上は嘘

       

       

      たまに1記事あたり1,000文字以上を書けばSEO対策としてはOKといった情報を見ます。これははっきり言って何の根拠もない情報です。

       

       

       

      1,000文字とはブログで言っても少し長めのリード文程度です。あっという間に読者が読み終わってしまいます。そもそも上位表示もされないと思いますがこの短さではページの平均滞在時間もごくわずかです。

       

       

       

      Googleはページの情報量も重要視しますが、読者がアナタのページにどれだけ滞在したかを見て、長ければユーザーの役に立つ情報が多かったんだと判断して評価をしてくれます。

       

       

       

      こういった点から1記事1000文字書いて程度ではSEO対策としては不十分であると言えます。

       

       

       

      アドセンス合格のためのブログ文字数

      アドセンス合格のためのブログ文字数

       

       

      Google AdSense申請に合格するためにはブログの文字数はどれくらい必要ですか?といった質問も多く受けます。

       

       

       

      これに関しても正解はありませんが重要なのは文字数ではなく「記事の質」が重要です。記事の質とは下記のようなことを指しています。

       

       

      ・アフィリエイトリンクなどの広告を無くす(極力減らす)

      ・低品質な内部リンクを無くす

      ・関連ページを繋ぐ内部リンクを増やす

      ・サイトマップの送信などを行い自分のブログをGoogleに届ける

      これから広告を貼りたいという申請を行う段階で既にたくさんの広告がベタベタと貼られているブログを見たらGoogleはどう思うでしょうか。
      まずはサイト内に統一されたテーマで一定数の記事を入れます。そしてそれらを適切に内部リンクで繋ぐことでユーザーやクローラーにとって回遊しやすい設計にしましょう。内部リンクに関する記事は別の記事で詳しく解説しているのでそちらを参照ください。
      XMLサイトマップを作成してGoogleに認識させておくことも忘れずに実施するようにしましょう。

      文字数ではなく画像は重要?altタグについて

      文字数ではなく画像は重要?altタグについて

       

       

       

      検索エンジンはクローラを頼りに上位表示するべきページを決定しています。ただ、そのクローラは現時点では画像が何の意味を持っているかは判別出来ません。

       

       

       

      タグの「alt属性」にて対応することでGoogleに対して適切に情報を届けることが出来ます。画像を記事内に貼り、画像自体にテキストを記載することでGoogleに対してどんな情報をもった画像なのかを認識させることが出来ます。

       

       

       

      altタグに関する 画像

       

       

       

      この”代替テキスト”部分に画像の情報を書き込むことで対策出来ます。ここに関してはそれほど多くの文字数を入れることは出来ませんがGoogleからしても画像や表を活用したオリジナリティは高評価に繋がるのでしっかりと対策を行いましょう。

       

       

      SEOと文字数に関してのまとめ

      SEOと文字数に関してのまとめ

       

       

      いかがでしたか?SEOにおける文字数の関係性はご理解頂けましたか?SEO対策に文字数だけではなんの意味もないことと重要なのは”網羅性”であることを解説しました。

       

       

       

      少ない文字数でいいと言うことではなく、ユーザーに対して様々な検索意図を満たした情報を提供しようとするとどうしても情報量が増えるので文字数も結果的に増えます。

       

       

       

      なので文字数は現在のSEOでも結果的には増えてしまいますが何よりも優先するべき事は情報の網羅性になるのでそれをしっかりと理解して、「最高のコンテンツ」を作っていきましょう。

       

       

      読んでいただき、ありがとうございました。
      もし今回の記事を気に入っていただければ、ランキングのクリックや記事の購読・下の方にSNSのフォローをお願いいたします。
      励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

      おすすめの記事