Pick up‼
Googleはここを見る!SEOに強い記事書かないとブログの成功はないって話。

Web初心者

・SEOで上位表示する記事の書き方がよくわからないんです...

・評価の高い記事ってどんなものなんですか?

こんな悩みを解決出来る記事を書きました!

Happy SEO

SEOで上位表示するためにはたくさんの記事を書けばいいのでは?そんな風に私は始めたころ思っていました。


何となく数をこなして記事を書いていたから全く上位表示しないんだよね..

このようにSEO対策で上位表示する記事をにはどうしたらいいのか分からないといった人は非常に多くいます。そんな悩みを抱えている貴方の悩みは、この記事を読むことで全て解決できます。

この記事を読むと...

①SEOで上位表示する記事の書き方が分かる

②上位表示している記事の傾向を把握して執筆作業時間を短縮出来るようになる

SEOで上位表示する記事が書けるようになるとアフィリエイト収益やアドセンス収益もこれまで以上にグンと増やすことだって可能になります。
逆にこれから解説をする記事の書き方を理解していないとものすごく時間をかけて記事を書いたにも関わらず誰にも見られなく勿体ない状況になってしまいます。
複雑な内容ではないので是非最後まで読んで理解して記事の書き方を改善してみてください。学んだ後はすぐに実行しないと忘れちゃいますから。

Googleはここを見る!SEOに強い記事書かないとブログの成功はないって話。

Googleはここを見る!SEOに強い記事書かないとブログの成功はないって話。

 

 

Google=検索エンジンの評価が高い記事ってどんなものなの?クローラーがネット上を回遊している際にどんな視点で評価しているのかを理解しておきましょう。

 

 

上位表示出来るかどうかはGoogleのアルゴリズムによるのでクローラー対策は必須です。これを理解しておかないといくら頑張って記事を書き続けても中々評価されないのでコンテンツを作成することが徐々に嫌になってきてしまいます。

 

 

クローラーがコンテンツを評価するポイントは下記になります。

 

・ページ内の情報量

・検索クエリとの関連性

・titleや見出しなどの構造

・サイト全体での関連コンテンツ

 

 

これらについてはE-A-T?需要の一致?Googleの評価基準とは?初心者ブロガーがやるべきSEO対策を解説。で詳しく述べているの読んでみてね。

記事を書く前に検索順位が決まっている!?

記事を書く前に検索順位が決まっている!?

 

 

これはSERPs(検索結果)画面です。「SEO 記事 書き方」とキーワードで調べた際に1ページ目に出てきた画面をスクショしています。

 

 

■商品ページ

■サービスページ

■記事(コラム)ページ

Googleはキーワードに応じてユーザーの検索意図を考えてどんなタイプのページを上位にしたほうがいいかをある程度事前に決めています。
つまりどんなにいい記事を書いてもユーザーの検索意図とブログで書くような記事よりも、アマゾンの商品画面や企業のサービスページが上がってしまうキーワードも一定数存在します。
記事を書く前にまずは上位サイトの傾向を見たほうがいい理由についてはここにあります。

SEOでうまく上位表示出来ている記事の特徴

SEOでうまくいっている記事の特徴

2位の記事:検索意図を汲み取ろう。オリジナルの内容にしよう。

3位の記事:文字数はどれくらいにするといいか。キーワードの選定方法

4位の記事:競合サイトの分析方法。記事構成の仕組み。

例えばあなたが狙いたいキーワードで一度検索をしたときに上位表示されている記事をパラパラと見てみます。そうするとそれぞれ素敵な内容が書かれています。
1位の記事:2位以下の記事に含まれている内容をバランスよく構成して記事を書いている
これが最もうまくいっているコンテンツの例です。全てこうしろと言うわけでもなく、上位表示している記事を真似しろと言うわけでもありません。
ただ、現状キーワードに応じてGoogleがユーザーに届けたほうがいい情報は既に上位表示している記事の内容であることは間違いないのでそこをしっかりと捉えて自分なりにバランスよく記事を構成することが大切になります。

上位表示ページの内容≒ユーザーの検索意図

上位表示ページの内容≒ユーザーの検索意図

 

 

上記でも解説しましたが、キーワードに応じてユーザーの検索意図はさまざまです。これらの全てを1つの記事で書ききることは難しいですがユーザーがどんな情報を知りたがっているのかを把握しておくことは重要です。

 

 

検索画面で検索意図を把握する

 

 

Googleの検索エンジンに調べたいキーワードを入れてみるのも1つの方法です。ここの後ろに出てくるワードも含めてユーザーは検索をしているのでこの辺をいれて記事を書いていくことをオススメします。

 

 

サジェストワード 画像

 

 

もしくはページの下にある「サジェストワード」を見る方法です。ここにも調べたキーワードと関係性の高いワードが沢山出てきますのでこの辺もしっかりと見ておきましょう。

 

 

SEOに強い記事の要素とは?

SEOに強い記事の要素とは?

 

 

それでは実際にSEOに強い記事に含まれている要素について解説をしていきましょう。

 

 

■上位を取る記事の設計が出来ている

■情報量は重要だが、文字数は関係ない

■サイト全体でテーマ性を向上させる(記事数の確保)

■ユーザビリティを意識する

それでは1つずつ解説をしていきます。

上位を取る記事の設計が出来ている

上位を取る記事の設計が出来ている

 

 

■ユーザーの顕在ニーズ

■ユーザーの潜在ニーズ

上位表示をするならこの2つの要素がしっかりと満たされていることが重要です。どんなことを指しているかというと、例として「化粧水 おすすめ」というワードで考えましょう。
顕在ニーズ:おすすめの化粧水のブランドや種類を知りたい

潜在ニーズ:肌をツルツルにして若く見せたい

こんな具合です。そして大変なのがこの「潜在ニーズ」は中々検索エンジン上のキーワードとして現れないことです。(だから潜在なのですが)
まずは頭をまっさらにしてこのキーワードを調べるユーザーの検索意図をとことん考えましょう。たった1つのキーワード選定方法を覚えると初心者レベルから経験者レベルになる。【ブロガー必見】

情報量は重要だが、文字数は関係ない

情報量は重要だが、文字数は関係ない

 

 

コンテンツの情報量とは文字数のことではありません。ただ、上位表示しているページは文字数が多い可能性が高いです。それはあげたいキーワード1つに対して、情報を網羅しているからです。

 

コンテンツ 網羅性

 

 

このように「副業 おすすめ」で調べるユーザーの悩みは1つではありません。副業したい人がサラリーマンか主婦かでも違ってきますし、アプリなどで手軽に出来るものを探している人もいれば危険のない安全に出来るものを探している人もいます。

 

 

このように1つのページに情報量が多いほうがGoogleは評価をしてくれるので結果的に文字数が多い記事が上位に上がりやすいですが単純に文字数が多ければ良いということではないので注意しましょう。

 

 

上位表示しているコンテンツはこれらの様々な悩みを出来る限り1つのページで網羅しています。1記事1キーワード!SEO対策は狙ったキーワードの競合分析も含めてようやく対策です。で詳しく解説をしているので合わせて見てみてください。

 

 

サイト全体で関連コンテンツを増やす

コンテンツをサイト全体でもつ

 

 

上記ではページ1つでなるべく情報を網羅していきましょうと伝えました。とはいえ全てのキーワードに対して1つのページでまとめることは物理的に難しいです。

 

 

上位表示するためには、複数のページでいくつかの関連コンテンツを補うことでサイト全体での評価をあげる必要があります。

 

 

 

「副業 おすすめ」というキーワードであげたいのであれば「在宅」「主婦」「サラリーマン」「アプリ」などの関連コンテンツに対してページを作り込むことで1つ1つの評価もあがるし結果的にサイトの評価もあがるといった順番です。

 

 

つまり1つのキーワードで1つの記事だけ書いてそれが上位表示するというのは限りなく難しいです。サイトの運用歴が長ければ別ですがまずは関連する記事を一定数サイトに載せることを重視しましょう。

 

SEOで上位表示する記事の書き方

「副業 おすすめ 在宅」を例に解説します。

副業 おすすめ 在宅の検索結果

 

 

このように検索クエリを検索エンジンにいれると関連ワードがたくさん出てきます。この関連ワードがユーザーの悩みを表しているのでこれらに対して解決してあげる内容を盛り込むことが重要です。

 

 

悩みは自分が思っている以上に1つのキーワードから幅広く存在することを念頭においておきましょう。

 

■キーワードをタイトルに入れる

■関連ワードを見出しに入れる

■画像を多く入れて、alt属性タグを入れる

■上位サイトを真似る

■SNSで拡散して指名検索を狙う

タイトルにキーワードを入れる

上位表示したいキーワードをtitleにいれることは基本です。重要なポイントは3点です。

 

①前半部分にキーワードを含める
②可能ならキーワードを2度入れる
③PCで32文字/スマホで43文字
狙いたいキーワードが「副業 おすすめ 在宅」であれば
【在宅副業おすすめ10選。在宅しながら手軽に出来る副業がおすすめな理由も解説。】とすると狙いたいキーワードが前半部分にも含まれていることと2度使用が満たせています。
また、文字数は32文字以内を推奨しているサイトが多いですがこれはPCで調べたときに出てくる表示の問題です。
コンテンツのタイトルは32文字以内
32文字を超えるとこのように末尾が表示されないので32文字を推奨しています。ただ、最近はほとんどスマホで検索する方が多いです。スマホだと43文字まで見えるので43文字以内であれば問題ないです。

h2~h6タグにも適切に関連ワードを入れる

h2~h6タグにも適切に関連ワードを入れる

 

 

hタグは見出しになります。クローラーも見出しから優先的に見て、コンテンツの情報を収集します。

 

 

「副業 おすすめ 在宅」に関しての本が売っていて目次があまり関係ないこと書いていたら読みたくない(読まずに本を閉じる)ですよね。

 

 

過剰に意識しすぎることはないですがhタグにもキーワードはなるべくいれましょう。

 

Googleは画像から情報を読み取れない

画像はalt属性で対策

 

 

クローラーはコンテンツ内のHTMLコードを読み取って理解しています。なので画像はそのままだと何の情報としてもないとみなされます。

 

そのような場合は、alt属性を活用しましょう!

 

本文のテキストと同様に画像をしっかりと内容を補足しているということをGoogleに伝えることを忘れないようにしましょう!

 

 

最近のGoogleの傾向として画像を多くいれてユーザーに分かりやすくしている記事は上位表示の傾向が出ているので意識して取り入れましょう、

 

関連ページへの発リンクも大切

サイトは複数のページが存在して成り立っているのでページとページを繋ぐことを重要です。その際は、アンカーテキストも意識するようにしましょう!

 

リンク先のことを伝える文章なのでこれはSEO対策の基本中の基本となります。

 

このテキストをGoogleは重要なものと認識するのでここにもキーワードを含めることをオススメします。

 

 

上位表示サイトを真似る

 

 

これについては上記で解説したとおりです。面倒と思わず既にGoogleからしっかりと評価をしてもらっている記事の要素を分析して記事を書くようにしましょう。

 

SNSで拡散して指名検索を狙う

SNSで拡散して指名検索を狙う

 

 

最近のブログ運営においては極めて重要な内容です。長期的にSEO対策で効果を出すならSNSと一緒が圧倒的にオススメです。なぜなら・・・で詳しく解説をしています。

 

 

SNSからの流入が多い記事についてはGoogleも評価している傾向ですし、ユーザーがまずはSNSで情報を調べてから細かな情報を収集するために検索エンジンでキーワードを入れて調べるという流れにもなってきているのでSNSの運用は必ず行いましょう。

 

 

①SNSアカウントを運用する

②認知される

③ブログ名で検索してくれる人が増える

④ブログ名は唯一無二なので必ず1位が取れる

このようにSNSを運用するからこそSEOの上位表示する記事の要素を全て省略して1位を取ることも可能なので必ず一緒に運用していくことをオススメします。

SEOに強い記事の書き方まとめ

SEOに強い記事の書き方まとめ

 

 

いかがでしたか。

・Googleがコンテンツを評価するポイント

・上位表示するための考え方の基礎

 

 

について解説しました。

 

 

あくまでも一定の量を書くことは重要ですが、上記で説明した内容を理解してコンテンツを作成するだけでだいぶ結果は変わると思います。

 

・ページ内の情報量

・検索クエリとの関連性

・titleや見出しなどの構造

・サイト全体での関連コンテンツ

 

 

これらを意識してユーザーのことを考えてコンテンツを作るだけで上位表示はグンと近づきますので実践してみてください。

 

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。
もし今回の記事を気に入っていただければ、ランキングのクリックや記事の購読・下の方にSNSのフォローをお願いいたします。
励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

おすすめの記事