Pick up‼
ブログやTwitterで集客を効率化したいならペルソナは必須。やっていない人が結構多いです

Web初心者

・マーケティングを行っているとたまに出てくるペルソナって何ですか?

・ブログを作るのにペルソナを作成した方がいいって聞くんですが何でなんですか?

 

こんな悩みを解決出来る記事を書きました!

Happy SEO

・確かに馴染みがないとペルソナって言われてもよく分からないよね...

・作るとどんなメリットがあるのかわかると嬉しいんだけど!

確かにブログを運用している人の中で「ペルソナ」に関してしっかりと意識して取り組めている人は少ないです。
ただ、多くの企業も自社製品を販売するために念入りにペルソナを作成しているんです。それくらい集客をするうえでペルソナ設計は必須の内容なんです。

この記事を読んで欲しい人

・ブログのPV数や収益をしっかりと伸ばしていきたいと思っている人

・ペルソナをしっかりと設計する方法を知りたい人

 

 

 

この記事を読むと...

■ブログを行ううえでなんでペルソナを設計した方がいいかが分かる

■そもそもペルソナってなに?が分かる

■誰でも真似できるペルソナの設計方法が分かる

この記事に書いてあるペルソナを作成することでブログの集客やTwitterのフォロワー数の増加にも繋がるはずです。しっかりと内容を見て覚えるようにしてしましょう。

ブログやTwitterで集客を効率化したいならペルソナは必須。やっていない人が結構多いです

簡単!Webマーケティング対策での集客スピードを早めるペルソナを設計する方法とは?

 

 

マーケティングの仕事や副業をしているとたまに「ペルソナ」って言葉を聞くと思います。

 

 

前後の文脈からなんとなく意味はわかるけど実際詳しくは知らない。意味は知っているけど作るとどんなメリットがあるのかわかっていない!

 

 

これについて解説していきます。

 

 

そもそもペルソナってなに?

そもそもペルソナってなに?

 

ペルソナとは仮製品やサービスのユーザー像を仮想の人物として定義したものをいう。

自分が発信する情報やサービスを届けたいユーザーを自分なりに設定する作業を指します。
まぁ「ターゲット」と考えたり「想定読者」と考えて貰えればOKです。
どんなユーザーが自分のサービスや情報を欲しているのかを考えて具体的イメージを作り込んで行きます。

ペルソナを作るとどんなメリットがあるの?

ペルソナを作るとどんなメリットがあるの?

 

 

ペルソナを作ることのメリットは大きく3つあります。

 

 

ペルソナを作るメリット

・会社やチームなどの組織で共通の認識となる基準になる

・客観的に見れるので思い込みがなくなる

・ユーザー視点で集客対策を行えるようになる

これ以外にも小さなメリットは多くありますが、作ることの目的は自分の情報やサービスを届けたい「ターゲットを明確にする」ことです。

会社やチームなどの組織で共通の認識となる基準になる

会社やチームなどの組織で共通の認識となる基準になる

 

 

複数でサイトの運営などを行っていると何となくターゲットのイメージは共有されているものの恐らく人によって少しずつズレが生じてしまいます。

 

 

そうするとせっかく取り組んでいるマーケティング対策も無駄になってしまう可能性もあります。

 

 

組織で共通の基準となる「ペルソナ」を作ることで同じイメージを具体的に描く事ができるのでこれらの問題がなくなります。

 

 

サイト運営をこれから始める方はまずどんなターゲットが自分の「ペルソナ」になるのかを考えましょう。既に運営をしている人はこれから解説するデータ分析を用いて「ペルソナ」を再設計することをオススメします。

 

 

客観的に見れるので思い込みがなくなる

・客観的に見れるので思い込みがなくなる

 

 

企業は実施しているかもしれないけど、個人には共有の認識とか関係ないでしょ。これを見ているのは大半の人が個人のブロガーさんなのでそう思ったかもしれません。

 

 

でも、個人でブログをやっている人でもペルソナを作成することは必ずやったほうがいいです。

 

 

 

なぜかというと、サイト運営をしているとどうしても長年の経験に頼ってしまったりします。そうなると自分の癖が出てしまい徐々に主観的な内容になってしまったりします。

 

 

 

ペルソナは基本的にデータを解析して作成します

 

 

経験が長いからこそ凝り固まった考えなどになりがちです。データに基づきペルソナを設計することで自分が勝手に思っていた「思い込み」に気付くなんていうことも多々あります。

 

 

ユーザー視点でマーケティング対策を行えるようになる

ユーザー視点でマーケティング対策を行えるようになる

 

 

データに基づいて作成することでより本質的で主観的な意見が含まれずリアルな内容になります。

 

 

 

データは嘘をつかないので、よりユーザー視点でどんな趣味嗜好があって、どんな属性の人なのかを明確にできるのでアプローチ方法が明確になります。

 

 

データに基づいて作ったペルソナがこれからどんな悩みを持って自分たちの情報を得ようとするのかがイメージできるので効果が出る可能性も格段に上がります。

 

 

 

 

ペルソナの具体的な作り方は?

ペルソナの具体的な作り方は?

 

 

ではペルソナをどうやって作ればいいかを解説します。

 

 

これについては正解はないですが私もやっている比較的カンタンで割と精度の高い方法をお伝えします。

 

 

まずその前にペルソナを作る上でどんな項目があればいいのかについてですが私が作っているペルソナはこんな感じです。

 

ペルソナに入れる項目

・年齢
・性別
・職業
・年収
・最終学歴
・趣味
・家族構成
・インターネット利用頻度
・通勤時間
・生活リズム
・好きな雑誌
・趣味嗜好
・インドアorアウトドア
・週末の過ごし方
ここまで具体的に作ればペルソナ設計としては問題ないと思います。
大切なポイントとしてそのペルソナが朝起きてから寝るまでどのように過ごしているのかを現実でイメージできるレベルまで落とし込む事が必要です。
こんなタイミングでこんな事を思い立ってスマホを片手にキーワード検索しそう。その時の悩みはきっとこんな感じでしょ!
といったようにリアルな世界でいる人間を想像出来るまでに落とし込んで作り込んで行きましょう!

ペルソナ設計の手順

ペルソナ設計の手順

 

 

ペルソナ設計ですがまずはどんなデータを用いて分析するかを考えます。私が通常よく行うペルソナ設計についてはGoogleAnalyticsを用います。

 

 

自分のサイトを見てCVが多く取れているユーザーの属性を分析します。

 

 

・年齢はどれくらいの層か

・性別は男女どちらか

・端末は”モバイル”と”デスクトップ”のどちらか

これらを洗い出してCVRが高いユーザーを選定します。

CVRの高いユーザーの趣味嗜好を分析する

ペルソナの趣味嗜好を分析

 

 

次にCVRの高いユーザーの趣味嗜好を分析します。

 

 

・職業は何をしているのか

・家族構成はどうなっている

・休日の過ごし方は何をしているのか

下記のサービスは非常にオススメです。これを用いると20万人以上のデータベースから分析をすることが出来るので精度の高いペルソナを導き出すことが出来ます。
基本は有料になりますが、無料テストも出来るのでぜひ試してみてください。

 

 

無料でかんたんに行えるのはこれもGoogleAnalyticsの「インタレストカテゴリ」になります。

 

 

この機能を活用することでユーザーが好むコンテンツやライフスタイル別のデータをとることが出来ます。

 

 

インタビューを実施することでより正確な設計が可能

インタビューを行うとより正確なペルソナになる
もし可能であればインタビューを実施することはオススメです。
上記のデータ分析から抽出したペルソナに親しい人物に対して自分のサービスを検討するとしたら?という仮定でいくつかの質問を投げてみます。
ありのままの回答をもらうことで実際の消費者と似た意見をもらうことが出来ます。
実際のインタビューとなると時間がかかったり手間に聞こえますが、後々のために出来るならやっておいたほうがいいです。
Twitterでも簡単にフォロワーさんにアンケート調査も出来るのでオススメなやり方です。

5W1Hを活用すればもっと簡単にペルソナは作れます

5W1Hを活用すればもっと簡単にペルソナは作れます

 

いやいやまだアナリティクスをみてもそんなに参考になる数値がないから無理だよと思う方もいるでしょう。

 

 

そんな人にもオススメのペルソナの設計方法があります。それは「5W1H」を活用したペルソナの作成方法です。

 

 

①Who→誰が

②When→いつ

③Where→どこで

④What→なんで

⑤Why→なぜ

⑥How→どのように

さらにこれに加えて2つの要素を加えると簡単に精度の高いペルソナが出来ます。
■望んでいる未来

■失いたくない未来

どんなシーンでどんな状況下の誰がなぜ悩みを解決したいと思っているのかを想像してペルソナを設計してみてください。これだけでもかなり具体的に落とし込めるのではないでしょうか。
わたしも毎記事を書く際にはこの「5W1H」+2つの未来を用いたペルソナ設計をしています。

 

ペルソナが設計のまとめ

ペルソナが実際に設計出来たらどんなアプローチが適しているかを改めて考える

 

 

実際にペルソナが出来たらそれで満足してはいけません。

 

 

これらのペルソナに対して様々なWebマーケティング対策を実施していると思いますがそれが本当に適切であるかどうか見直す必要があります。

 

 

情報収集段階のペルソナに対してはAではなくBのアプローチのほうがいいでのは?といったような視点も見つかるかもしれません。

 

 

 

正確なデータと客観的視点から生まれたペルソナだからこそこれまでの思い込みに囚われずどんどん新しい対策を試して効果検証することをオススメします。

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。
もし今回の記事を気に入っていただければ、ランキングのクリックや記事の購読・下の方にSNSのフォローをお願いいたします。
励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

おすすめの記事