Pick up‼
ここで書かれている6つのSEO対策のうち正しく出来ているのはいくつですか?【王道のSEO対策】

Web初心者

・ブログでSEO対策が必要ってよくいうけどどんな対策をしたらいいの?

・SEO対策って何種類くらいあるの?

こんな悩みを解決出来る記事を書きました!

Happy SEO
SEO対策は数多く存在するけど、多いからこそよくわからないよね。優先順位が分かれば楽なのになぁ,,,と思うよね。
このようにブログにSEO対策が必要と言われても何があり、何からしたらいいのかなんてよくわからないという悩みを抱えている人は非常に多いです。
そんなSEO対策に悩むアナタの悩みはこの記事を読むことで解決されます。SEO対策に正解はないんです。種類も多いからこそ王道の6つの対策をしっかりと理解して実践するべきなんです。
私自身も多くのお客様に対してSEO対策を支援していますが、成功しているサイト運営はこれから解説する王道になる6つのSEO対策をしっかりと実践しています。

この記事を読むと...

・SEO対策とは何をしたらいいのかが分かる

・SEO対策の王道6種類が分かる

アナタのSEO対策に関する悩みはこの記事を読むことで限りなく軽減されるはずです。この記事を何度も読み返して自分のサイトで出来ていないSEO対策を確認しながら1つずつ対策していきましょう!

ここで書かれている6つのSEO対策のうち正しく出来ているのはいくつですか?【王道のSEO対策】

ここで書かれている6つのSEO対策のうち正しく出来ているのはいくつですか?【王道のSEO対策】

 

 

ブログのことだけでも覚えること沢山あるのにSEO対策も多くてよくわからない!なんて嘆いている人も非常に多いです。

 

 

でも大丈夫です。この記事でわかりやすく何の対策を行えばいいのか解説していきます。

 

 

Googleは独自のアルゴリズムを200種類以上持っている

アルゴリズムとはここでは”ルール”のことを指します。Googleがコンテンツをどういった基準で評価したらいいのかというのを200種類以上のルールに置き換えて評価していると言われています。

 

 

この200種類以上のルールを1つずつ覚える必要はありませんし、日々評価基準は変わっています。

 

 

Googleの評価基準は大きく2つ。内的要因と外的要因がある

Googleの評価基準は大きく2つ。内的要因と外的要因がある

 

 

内的要因とは、「サイト評価」と「ページ評価」に分けられます。サイト評価とは、全体のテーマが統一されているかという事や低品質や重複ページがないかということです。

 

 

ページ評価とは、「クローラー対策」や「コンテンツの対策」になります。

 

 

 

一方で外的要因とは、「外部の良質なサイトからリンクを受けているか」などが挙げられます。これから解説する対策は6種類ですが基本的にはこの”内部要因”か”外部要因”のいずれかの中での対策になります。

 

 

 

 

 

初心者がやるべきSEO対策の王道6種類

初心者がやるべきSEO対策の王道6種類

 

 

SEO対策の王道6種類はこちらになります。

 

 

SEO対策6種類

①ターゲット対策

②クローラー対策

③コーディング対策

④コンテンツ対策

⑤ユーザー満足度対策

⑥外部評価対策

SEO対策①:ターゲット対策

SEO対策①:ターゲット対策

 

ターゲット対策とは、ブログ対策の””土台””になります。ここを省力していきなり記事を書いてしまうと失敗する可能性が高くなってしまいます。アナタのサイトのコンセプトを決める大切な対策になるのでしっかりと覚えましょう。

 

 

・ターゲットは誰になるのか

・ターゲットはどんな心理で行動するのか

・そのターゲットはどんなキーワードを選定しそうか

・これからどんなニーズが発生しそうか

これらについて考えることか行いましょう。その際にふわっとなんとなくイメージするだけではいけません。自分の見立てをしっかりとメモに書いて明確な言語として残しておきましょう。
数をこなしていると少しずつこの”コンセプト”がブレてきてしまったりするので最初の時点で形に残しておくということを必ず行いましょう!

SEO対策②:クローラー対策

SEO対策②:クローラー対策

 

クローラー対策とはサイトの”裏側”の対策になります。Googleのロボットであるクローラーに対してアナタのサイトの情報を適切に届けることで評価を受けられるようにする対策です。

 

 

・クローラー向けのタグの適切化(noindex/canonicalなど)

・URLの正規化(WWWあり/なしやhttps:など)

・タイトルやディスクリプションなど

・見出しの階層や代替テキストなど

クローラーは基本的にサイトの裏側に隠れている”コード”を読み解いて情報を収集しているのでこれらを適切化することは非常に重要です。
こアナタのコンテンツが良質な情報を持っているということを正確にGoogleに認識してもらうための対策です。技術的なことが大半ですがどれも覚えてしまうと簡単なので1つずつ覚えておきましょう。

SEO対策③:コーディング対策

SEO対策③:コーディング対策
先程のクローラー対策と少し似ていますがコーディング対策とは裏側の”コード”と表面から見えるサイトの見え方の両方に対する対策と言えます。

・カテゴリー分け

・内部リンクの設計

・アンカーテキストの調整

・ナビゲーション構造

いくらクローラーに対して適切に情報を届けていても、最も大切にしないといけないのは”ユーザー”です。ユーザーに対してもわかりやすく丁寧なサイト構造にすることが必要です。
①で対策したターゲットに対してどんな情報をどのようなサイト構造で届けたほうがいいかをしっかりと考えてリンクの設置などを行うことでアナタのサイトにいる滞在時間を長くすることが出来ます。
この滞在時間が長いサイトをGoogleは評価してくれますので意識して対策を行いましょう。

SEO対策④:コンテンツ対策

SEO対策④:コンテンツ対策

 

 

コンテンツ対策とは、SEO対策において最も重要な対策になります。ユーザーに対して悩みを解決出来る記事を届けてあげることでGoogleからの評価もあがり上位表示されるようになります。

 

 

 

・E-A-Tの要素を入れる

・文字数やキーワード配置

・重複コンテンツの確認

・関連ワードの網羅性

検索エンジンにおいて、キーワードにユーザーの悩みは疑問が表れます。そのキーワードに対して1つのページで可能な限り網羅的に情報を届けてあげることが求められます。
また、サイト全体でもこのキーワードに沿ったテーマが統一されているかも重要です。

 

 

 

SEO対策⑤:ユーザー満足度対策

SEO対策⑤:ユーザー満足度対策

 

 

コンテンツでユーザーの悩みを解決してあげることも大切ですが、サイトに来てくれたユーザーに対してストレスをかけずに見やすいサイト設計にすることも重要です。

 

 

・ファーストビューの設定

・レイアウトの改善

・導線設計の改善

このようにサイトを閲覧してくれるユーザーに対して、”見たくなる”サイトにする必要があります。これが出来ることで1人のユーザーがより多くのアナタのサイトのページをみてくれるようになるのでPV数の増加にも繋がります。

SEO対策⑥:外部リンク対策

SEO対策⑥:外部リンク対策

 

 

 

最後に外部リンク対策になります。アナタのサイトを他の外部サイトから評価してもらう部分です。アナタのサイトを見てくれいてい人から”話題”にしてもらうことでアナタのコンテンツを引用してもらいます。

 

 

 

Googleもこの外部からも評価されているサイトに関しては権威性が高いと判断し評価を上げてくれます。この外部リンクについてはどこからでも良いので沢山貰えばいいかとい言われるとそうではなくてリンクを貼ってくれたサイトの品質も非常に重要です。

 

 

 

ここの対策はすぐに出来るものではありませんが、「SNS」や「PRサービス」の活用をしながら対策をすることが出来ます。

 

 

 

ブログ初心者のSEO対策まとめ

ブログ初心者のSEO対策まとめ

 

 

いかがでしたか?数あるSEO対策も”内部要因”と”外部要因”に分けながら6つの対策にカテゴリー分けすることで分かりやすく整理できたはずです。

 

 

 

広くやることが沢山あるから大変だし難しくて出来ない~と嘆くのではなくて1つずつ「なぜやるのか?」ということに優先順位を付けてしっかりと対策をしていくことで必ず出来るようになります。

 

 

 

最初にもいったようにうまくいっているサイトは必ずこの対策を実践していますので、対策することでアナタのサイトも伸びることをイメージしてSEO対策を覚えていきましょう!

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。
もし今回の記事を気に入っていただければ、ランキングのクリックや記事の購読・下の方にSNSのフォローをお願いいたします。
励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

おすすめの記事