Pick up‼
初心者ブロガーがやるべきSEO対策とは?Googleの評価基準を知ると難易度が下がる

Web初心者

・ブログでGoogleからの評価が高い記事の仕組みを知りたい!

・高い評価を受けられる記事の対策方法を知りたい!

こんな悩みを解決出来る記事を書きました!

Happy SEO
確かに曖昧な部分だよね。
せっかくブログを運営しているのだからどんな概念でGoogleが記事を評価しているということについては知りたいよね!
このようにブログを運営しているものの、実際自分の書いた記事がGoogleからどのような概念で評価されているのか分かっていないという人は非常に多いです。
そんなアナタの悩みはこの記事を読むことで全て解決されます。評価されるブログ記事については”評価基準”と”品質基準”を理解することがポイントです。
私自身多くの企業様のサイトを支援していることに加えて、SEO会社でこれから解説する概念は”基本中の基本”になります。
2つの基準を理解することでアナタのブログ記事についても基準を満たした内容が書けるようになるはずなので上位表示がしやすくなります。

この記事を読むと...

・Googleがどんな記事を評価しているのかが分かる

・高評価をもらうためにどんな対策をしたらいいかが分かる

アナタの記事対策に関する悩みはこの記事を読むことで軽減されます。最後までしっかりと読み、自分の大切な時間をかけて作った記事をしっかりと評価してもらえるようにしましょう。

E-A-T?需要の一致?Googleの評価基準とは?初心者ブロガーがやるべきSEO対策を解説。

E-A-T?需要の一致?Googleの記事評価基準とは?初心者ブロガーがやるべきSEO対策を解説。

 

 

ブログを毎日書いているけど実際順位がついていないからどんな評価を受けているのかが分からない。このまま待っていればいいのか、何か対策をしたほうがいいのかも分からない。

 

 

 

このように悩んでいる方は非常に多いです。ただ結論を伝えるとGoogleも意地悪ではないでのこれらに対する見解をしっかりと言っているんです。

 

 

 

それが「Webマスター向けガイドライン」「検索品質評価ガイドライン」になります。簡単に伝えるとWebマスター向けガイドラインが検索アルゴリズムの概要について、検索品質ガイドラインが評価基準の概念がとても具体的に分かりやすく解説されています。

 

 

 

Googleの仕組みの中で行うのがブログ運営になるので、まずはこれらをしっかりと読み込むことが1番重要です。ただ初心者の方には少し難しく感じてしまうかもしれないので重要なポイントだけわかりやすく解説します。

 

 

 

ウェブマスター向けガイドラインはこちら→

Googleの検索順位の仕組みを理解する

Googleの検索順位の仕組みを理解する

 

 

上記で解説したガイドラインを見ればどんなサイトが評価されているのかを理解することが出来ますが実際に自分で確認するのは手間なのでもう少し解説をします。

 

 

Googleに評価してもらい上位表示をしたいのであれば検索順位の仕組みについて理解をすることが重要です。この仕組を理解することでどのプロセスの対策をすればいいかが明確になります。

 

 

 

非常に重要な部分かつSEOの基礎になるんで専用に1つ記事を作成しました。Googleの検索順位の仕組みについてはSEOで上位表示する方法とは?ブログで上位表示するための11の基本を参照ください。

 

 

サイト評価基準とページ評価基準

サイト評価基準とページ評価基準

 

 

では次にサイト評価とページ評価について解説をします。実際に対策することは非常に多いのですが、ここでは考え方を理解してもらえればと思います。

 

 

■サイト評価:サイト全体で統一されたテーマに関して多くの情報を持っているか

■ページ評価:1つのページで1つのキーワードから想定される検索意図をあらゆる観点で網羅しているか

 

 

最近のGoogleのアルゴリズムでは、1つのページでキーワードの検索意図を網羅しているページを評価している傾向にあります。これがページ評価の大枠の考えです。

 

 

一方で、1つのページで全ての情報を満たすことは非常に難しいです。加えて1つのページでどれだけリッチな内容になっていてもサイト全体が薄いと評価されにくいので多くの情報を保有することが必要になります。

Googleの記事評価基準

Googleは記事をどのような基準で評価しているの?

 

先程も伝えたとおり基準には”評価”と”品質”の2つがあります。まずは記事の”評価基準”についてですが大きく3つの概念になります。

 

 

  • 需要との一致
  • 使いやすさ
  • 品質の高さ

 

 

 

需要との一致というのは、アナタのサイトに来るユーザーの求めている情報に対して適切な情報量で提供しているかどうかという点です。

 

 

 

使いやすさとは、その名前のとおりでアナタのサイトを見たユーザーが知りたい情報をすぐに探せる場所にあるかということやサイトの表示速度などに関するものです。

 

 

 

品質の高さというのもアナタのコンテンツが発信している情報は信頼できる正しい情報かどうかということを評価概念として見ています。

 

 

Googleの記事品質基準~E-A-T~

Googleの記事品質基準~E-A-T~

 

 

Twitterや他の人のブログで「E-A-T」という言葉を聞いたことはないでしょうか。Googleの現在の品質基準にはこの考え方が非常に重要になります。

 

 

E-A-Tとは

E-Expertise(専門性)

A-Authoritativeness(権威性)

T-Trustworthy(信頼性)

つまり、記事の作成者や情報に十分な専門知識があるか、その分野で詳しい権威性があるか、そして記事の作成者がしっかりと名前や顔出ししてあり信頼出来るかどうかということを基準に見ています。
高品質な記事とは、ユーザーが納得し、態度変容(行動の変化)が起こり、紹介したくなるようなコンテンツです。
あくまでもこの”E-A-T"の概念をGoogleが正式に公表しているのではなく、様々なジャンルで上位表示をしているサイトや最近の評価のアルゴリズムを分析している中でこのような考え方が重要なのではという定義になるのでそこは間違えないようにしましょう。

E-A-TとYMYLについて

E-A-TとYMYLについて

 

 

上記で解説をした「E-A-T」についてはある程度理解できたと思います。ちょっと片手間で運営しているサイトや運営者情報があやふやなサイトは信頼されにくくなっています。

 

 

同じように最近のSEOの世界ではよく「YMYL」と呼ばれる考え方があります。これは何かというと、Your Money Your Lifeと呼ばれ、お金や健康などの情報によっては命の危険性があるようなジャンルに関して指しています。

 

 

 

このジャンルに関しては最近アルゴリズムの精度が更に高くなってきており、アフィリエイトサイトも運用歴が長いサイトや被リンクを多くもらっているサイト以外は結構順位が下がってリしています。

 

 

”E-A-T”も”YMYL”もGoogleが正式に出しているものではなく、あくまでもGoogleの評価基準の傾向などをあてはめた考え方の概念になるのでそこについても覚えておきましょう!

Googleからサイトを評価してもらうには

Googleからサイトを評価してもらうには

 

 

 

ではGoogleに対してはどのような対策を取れば評価しれもらえるのかについて解説します。Googleが最も嫌うのは”低評価”であり”低品質”な記事です。

 

 

低品質な記事の特徴

・オリジナリティがないページ。

・他サイトからのコピーでつくられたページ。

・記事が短い、内容が薄い、メインコンテンツの量が十分でないページ。

・編集されていない雑に作られたページ。

・有益な補助コンテンツが存在しないページ。

・誤字脱字、綴りや文法の間違いが多いページ。

・運営者・サイトポリシー・著者情報などの情報がないサイト。

これらに関しては実際に、Googleが公式で発表している「検索品質評価ガイドライン」に記載されている内容です。つまりこれらに該当してしまっている記事はGoogleからするとユーザーの為にならない低品質な記事に分類されてしまうので気をつけましょう。

オリジナリティの高いコンテンツを作る

オリジナリティの高いコンテンツを作る

 

 

オリジナルコンテンツってどんなもの?そう思う人もいますよね。自分にはそんなネットで自信をもってかけるようなオリジナルな内容なんて無いよ!と思う方も安心してください。

 

 

まずオリジナルのコンテンツを作ると言ってもアナタ独自のオリジナル要素は全体の2~3割程度で十分です。最初のうちはもっと少なくても大丈夫です。

 

 

SEOを意識してキーワードで上位表示を狙うのであればそれなりに上位表示の傾向や要素を真似する必要があります。コピーはダメですが要素を真似して作りましょう。

 

 

そこに少しだけアナタの独自意見や経験談を織り交ぜます。それだけでオリジナルコンテンツの完成です。どうでしょうか?簡単に見えませんか?

 

 

オリジナルの記事を手っ取り早く作りたいという方についてはたとえ経験がなくてもブログであなただけのオリジナル記事を手に入れられる方法を参照ください。

ユーザーが見やすいサイトの設計にする

ユーザーが見やすいサイトの設計にする

 

 

Googleから評価をされるには、ユーザー体験を向上させる必要があります。

 

 

■キーワードを調べたユーザーに対して見せたいページがしっかりと表示されているか。

■1つのページを見た後の動線は適切か

 

 

このような観点から訪問してくれたユーザーに対して本当に見やすい設計になっているかをしっかりと分析することが重要です。アナリティクスを用いて新規ユーザーとリピーターの分析をしてみましょう。

 

 

重要になるのが内部リンクの設計とアナリティクスの分析になります。これについてもそれぞれ詳しく解説をしているのでしっかりと確認しておいてください。

 

 

低品質な記事の対策について

低品質な記事の対策について

 

 

サイト全体や1つ1つの記事で評価を上げるためには、低品質な記事をサイトから無くしていくことが重要です。では一体何をしたらいいかを解説します。

 

 

 

まず最初に対策することは、低品質の記事の品質を高める”改善”をすることです。改善とは、いまの記事をリライトすることです。情報を編集したり追加したりすることで品質を高めることが可能です。

 

 

 

それでもサイト全体で低品質な記事が多かったりして、改善の対応が難しい場合に関しては”noindex"タグを設置して対策を行いましょう。仮に今後記事をブラッシュアップする中で品質が改善出来たら再びインデックスさせましょう。

 

 

 

Googleが評価の対象にしているのはインデックスされている記事だけです。まずはインデックスされていて、改善することで伸びしろがありそうな記事から改善の対策を考えましょう。

 

 

 

リライトや改善余地が全く無い場合に関しては、その記事を「削除」することも考えましょう。せっかく書いた記事なので削除したくないとは思いますがGoogleはサイト全体を見て一定割合低品質な記事が占めているとサイト全体の評価も下げてしまいます。

 

 

 

他の記事やサイト全体にダメージが出ないように1つの記事を削除する勇気を持ちましょう。

 

 

重複コンテンツの対策について

重複コンテンツの対策について

 

 

重複コンテンツ=低品質コンテンツではありません。ただ、これも一定割合サイトを占めているとサイト全体の評価を下げてしまう可能性があります。

 

 

重複コンテンツがサイトに多くあると3つのデメリットが有ります。

 

 

①重複コンテンツだと同時に検索結果に表示されない

②被リンクの評価が分散する可能性がある

③サイト全体の評価が下がる

③は上記で説明したとおりですが、①と②に関してはせっかくサイトに沢山記事があるのに同じような内容だからどっちか1つだけを情報として認識すればいいかという事になりどんなに検索しても1記事しか表示されません。
また、同じような内容の記事を1つに集約していたら受けられた外部評価なども複数記事に分散してしまうことで上位表示しにくくなってしまったりします。勿体ないのでしっかりと対策を行っておきましょう。
この対策には"noindex"ではなく"canonical"が有効になります。別の記事でcanonicalタグの対策について触れているので合わせて見てみてください。

初心者ブロガーが評価されるために陥りやすいミス

初心者ブロガーが評価されるために陥りやすいミス

 

 

ここまで解説をした内容をみて、初心者のブロガーやサイト運営をしている方も参考になりましたか?一方でよく陥りやすい考え方についても解説をしておくので参考にしてください。

■内部リンクの貼りすぎ!多すぎ!

■被リンクを初心者同士で交換し合う相互リンク

■文字量だけやたら多いコンテンツ=良いコンテンツ

これは全て間違った考え方になります。全て評価基準としては重要になりますが数が多ければいいということではありません。それぞれに対して品質をあげる必要があるのでしっかりと覚えるようにしておきましょう。

合わせて読みたい

Googleの評価基準対策まとめ

Googleの評価基準対策まとめ 画像

 

 

いかがでしたか?ブログの記事に対してGoogleがどのような評価をしているか分かったと思います。せっかく一生懸命記事を書いているのでこの評価基準に対してはしっかりと覚えておきましょう。

 

 

 

ユーザーの為になる高品質な記事を書くことをGoogleは最も求めていますし、そんな記事は必ず評価してくれます。

 

 

 

低品質記事としてサイトのマイナスになっている要素はなくしてサイト全体で評価を高めていけるようにしましょう。

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。
もし今回の記事を気に入っていただければ、ランキングのクリックや記事の購読・下の方にSNSのフォローをお願いいたします。
励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

おすすめの記事