Pick up‼
デフォルト設定でOK。私がアナリティクスのユーザー分析を覚えてPV数を倍増させた方法

Web初心者

・アナリティクスを活用して効果的な分析をしたいけどどうしていいか分かりません。

・ブログを運営する中でやっておいたほうがいい分析があるなら知りたいです。

こんな悩みを解決出来る記事を書きました!

Happy SEO
確かにアナリティクスを活用して分析が出来たいいよね。
ただ本やネットでも見ても専門的すぎて難しく感じてしまう。
このようにブログを運営している中で、アナリティクスは登録しているけど機能が多すぎてイマイチ使いこなせていない人は多いです。見るといってもどれくらいのセッション数やPV数があるかを確認することくら
い。
そんな状態のアナタはこの記事を読むことでワンランクレベルアップします。アナリティクスを活用した分析に細かな設定や知識は必要ないです。デフォルトで出来るレポートで十分な分析が出来るんです。

この記事を読むと...

・アナリティクスのデフォルト設定で出来る分析方法が分かる

・ブログ運営を更に伸ばすための分析視点が身につく

アナタの悩みはこの記事を読むことで限りなく軽減されます。この記事を何度も読み返して1つずつアナリティクスと照らし合わせながら作業をしてみましょう。

デフォルト設定でOK。私がアナリティクスのユーザー分析を覚えてPV数を倍増させた方法

デフォルト設定でOK。私がアナリティクスのユーザー分析を覚えてPV数を倍増させた方法

 

 

 

毎日アナリティクスを見てサイトのセッション数やPV数を見て一喜一憂。そんな事が続いていませんか?確かにブログ運営を行っていると目の前の数字が気になりますよね。

 

 

 

目に見えて成果がでているときにやる気を出して頑張ることは誰にでも出来ます。問題は中々思ったようにうまくいっていない時こそ課題を分析して改善策を実施することです。

 

 

 

私自身様々な企業サイトの支援をしていますがこれから解説するアナリティクスを用いた分析を実行した結果、劇的にPV数が増えたりアフィリエイト収益が伸びたのでお客様も非常にびっくりしていました。具体的な分析をする前に、なぜ分析が重要なのかということを理解する必要があります。

 

 

 

自分よがりな主観的な運営からユーザー目線の運営が出来るようになる

自分よがりな主観的な運営からユーザー目線の運営が出来るようになる

 

 

 

ブログを毎日運営していると気づかぬうちに自分自身の主観的な意見やテイストに寄ったブログになりがちです。ユーザーはきっとこういった情報を知りたいはずだから...と自分勝手に認識をすり替えてしまいます。

 

 

 

もちろん経験に基づいたブログ運営は非常に大切なのですが、ここに分析をしっかりと加えるとユーザー目線が認識できます。第三者から見たアナタのサイトがどのような状態なのかを認識することで更に精度を高めることが出来ます。

 

 

 

データは嘘をつかない。答えは読者が持っていることも

データは嘘をつかない。答えは読者が持っていることも

 

分析をすることのメリットとしてアナタのサイトの状況がデータで出るということです。第三者から口頭でアドバイスを貰うわけではなく全ての情報が”数値”として出ます。

 

 

 

どんな人が見ているのか、どんな記事が読まれているのか、どれくらいの滞在時間なのか等あらゆる情報がデータになります。自分が頑張って書いた記事でなくなんとなく書いた記事が伸びることもあります。

 

 

 

狙ったキーワードでないワードで上位表示出来ることもあります。アナタのサイトの特徴や評価の軸は読者が持っている可能性だってあるんです。なので客観的に自分のサイトを分析してデータを受け止めることは非常に重要なんです。

 

 

アナリティクスのデフォルト設定で出来るオススメの分析

アナリティクスのデフォルト設定で出来るオススメの分析

 

 

実際にアナリティクスで出来る分析方法について解説していきます。アナリティクスには非常に様々な機能がついており色々な分析をすることが出来ますが初心者の方であればアナリティクスのデフォルトで出来るレポートがオススメです。

 

 

 

初心者ブロガーさんにオススメの分析はこちらです。

 

 

オススメの分析とは?

・新規かリピーターか分析する

・地域属性を分析する

・各チャネルごとの分析をする

・よく見られているコンテンツを分析する

・最初に見られているコンテンツの分析をする

それでは1つずつ解説していきます。

新規かリピーターか分析する

新規かリピーターか分析する

 

 

アナタのサイトに来ているユーザーが新規の人か既存の再訪者かを分析します。分析方法は、ホーム画面から、「ユーザー」 → 「行動」 → 「新規とリピーター」をクリックしましょう。

 

 

 

「New Visitor」が新規のユーザーで「Returning Visitor」がリピーターのユーザーになります。

 

 

 

「新規」と「リピーター」ではユーザーのニーズが異なるので、別々に対策をする必要があります。サイトを伸ばしていく上では新規のユーザーの定期的な確保が不可欠になるので新規ユーザーはアナタのサイトのどんな記事に訪れているのかをしっかりと分析しましょう。

 

 

 

また注意点として、「新規」「リピーター」に関しては「ユーザー数」のように見えますが思えます。アナリティクスの「新規」「リピーター」は「ユーザー数」ではなく「セッション数」になりますので気をつけましょう。

 

 

地域属性を分析する

年齢 性別 画像

 

 

地域属性は、「ユーザー」→「地域」→「地域」をクリックすることでアナタのサイトに来ている人はどんな地域に住んでいる人が多いのかを分析することが出来ます。

 

 

 

ここでは国別のデータなどが見れると思いますが、多くのサイト運営者の対象ユーザーは日本になると思うので、地域を押したあとに「Japan」を押してください。そうすると都道府県別のデータが見えると思います。

 

 

 

地域が関係してくるサイトジャンルを運営している方は特にこの分析をする必要があります。稀に地域のローカルカフェスポットなどに関する記事を書いているのに見ているユーザーは全く関係ない人が見ている事があります。

 

 

 

逆に地域を分析することで、もっと大まかでいいから人気のスポットを解説したほうが伸びることなどもあるのでいま読まれている記事はどんな地域に住んでいる人が多いのか必ず確認しましょう。

 

 

 

各チャネルごとの分析をする

集客チャネル 画像

 

 

集客チャネルに関してはいくつかあります。自分のサイトがどんな流入元から来ているのかを確認するのは非常に重要です。まず最初に設定してほしいのが”分析期間”です。通常は1ヶ月で見ることが多いので直近1ヶ月間で見てみましょう。

 

 

 

「集客」→「すべてのトラフィック」→「チャネル」の順番に進むと集客チャネルごとの状況が分析出来ます。ブログを運営していると下記のチャネルが出てくることが多いと思うので確認しておきましょう。

 

 

集客チャネル

・Organic Search(自然検索)

・Affiliate(アフィリエイト)

・Referral(参照元サイト)

・Social(ソーシャル)
LTwitterやInstagramなど

・Direct(ノーリファラー)
Lメールやブックマークなど

このようにアナタのサイトに辿り着いているユーザーが一体どんなサイトや経路から来てくれているのかを認識することで対策を打つことが出来ます。
自サイトの集客の強みはどんどん活かした運営を行いつつ、弱みになっている部分も少しずつ改善していくことを心がけましょう。ご存知ですか?Web集客はチャネルの理解を深め、戦略を立てることで何倍にも変わることを。

最初に見られている&頻繁に見られているコンテンツを分析する

コンテンツに関する画像

 

「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」の順で進んでいくとアナタのサイト内でユーザーによく見られている記事が何かを分析する事ができます。

 

 

 

一方で、「行動」→「サイトコンテンツ」→「ランディングページ」の順で進んでいくとアナタのサイト内で一番最初に見られている記事が分析できます。

 

 

 

どのような観点で分析が必要かというと、”セッション数”が多いランディングページに注目しましょう。当然ですが多くのユーザーが目にしているページになるので優先的に改善する必要があります。

 

 

 

それも踏まえて、セッション数の多い自サイトのページがそもそも何の記事なのかを把握することは非常に大切です。

 

 

 

一番最初に見られている記事の改善も拘りましょう。最初に見られているというのは、SEO対策を行ってキーワード対策がしっかりと出来ているから上位表示が出来ており露出が多くなっているとも言えます。つまりアナタのサイトの入口になっているんです。

 

 

 

このようにうまくいっている記事をまずは見極めてしっかりと要因を分析しつつ、うまくいっていな記事にも活かしましょう。そうすることでサイト全体の評価を高めることが出来ます。

 

 

 

アナリティクスを用いたブロガー向け分析のまとめ

アナリティクスを用いたブロガー向け分析のまとめ

 

 

いかがでしたか?サイトを運営して慣れてくるとどうしても自分の色がついた記事やサイトになりがちです。それも決して悪いことではないのですがアナタのサイトが運営出来ているのは訪問してくれるユーザーのおかげという事を忘れないようにしましょう。

 

 

 

だからこそどんなユーザーがどんなキーワードや悩みをもってサイトに来てくれているのか...そしてそれに対してどのような記事が高評価(滞在時間が長い)なのかを認識しましょう。

 

 

 

ユーザーデータから分析を重ねて他の記事に対しても改善を行うという作業を繰り返していけばサイト運営は必ずうまくいきます。それに関して簡単に出来るアナリティクスを用いた分析の仕方を解説しました。

 

 

 

この記事で学んだ内容をもとに今からアナリティクスを開いてユーザー分析をしてみましょう。

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。
もし今回の記事を気に入っていただければ、ランキングのクリックや記事の購読・下の方にSNSのフォローをお願いいたします。
励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

おすすめの記事